スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

掻爬手術・・・怖いです。。。

昨日は来月の移植に向けての子宮鏡(子宮内を洗い流して着床しやすくするのが第一目的、第二目的はポリープ等がないかどうか診るため)の日でした。


もう今年の1月から数えて4回目です。^^;


毎回痛くて痛みに強い私でも眉間にシワを寄せて顔がかなり歪んでいると思います。




でも、今日は器具が入る時はやっぱり痛かった(子宮鏡に関しては担当の先生がいて毎回同じR先生)けれど、4回やった中で一番痛くなかったかもしれません。終わった後も全然大丈夫でした。段々慣れてきた?(笑)


処置後いつものように診察室に入り、子宮や内膜の状態をカラー写真を見ながら説明を受けます。


そこで思いもよらぬことが・・・!!!





* * * * * * * * *




今日は周期16日目。
本当は子宮鏡検査は、周期10日目くらいまでの内膜が厚くなってない時期がベストだそうですが、ホルモン補充もしていたし、途中で採卵があったため今日になってしまいました。


今年の6月に子宮鏡検査をした時は周期29日目で内膜がかなり分厚く(9mm)なっていたのでR先生からは内膜がかなりボコボコしてる、ここまで内膜が厚いとポリープがあってもわからないが、もしポリープがあったらもっとボコボコになっているのでおそらく大丈夫でしょう、との見解で移植出来ました。(結果→着床&化学的妊娠→化学流産)

でも、今回は素人の私が見ても内膜がかなり厚くモワモワ感(内膜の厚い時に子宮鏡検査を受けて画像をご覧になった方ならわかってもらえるかな?)がスゴイ。子宮の壁なんて全然見えないくらい。生理食塩水で膨らませているのでその水流のせいで?内膜が剥がれそうになっていました。


もらった写真を見ても何がどこやら?ってくらい内膜がモワモワしてます。かろうじて卵管への穴が見えるくらい。他は全部モワモワ状態。



そしてR先生の口から出た言葉は・・・


「6月の時よりも更にボコボコしているからもしかしたら

『掻爬手術』 をした方がいいかもしれないね。」 



という驚くべきものでした。


掻爬手術って流産の時にするもの・・・という認識しかなかったのでビックリしてしまいました。

でもR先生のお話を聞くと私の場合、

『子宮内膜増殖症』 

の疑いもなきにしもあらずとのこと。

また、ただの増殖症ならいいのだけれど、中には

『異型子宮内膜増殖症』

というものがあり、それは内膜の細胞が異型化(変異)して、そのまま放っておくとガンになってしまうことがあるものだそうです。


━─━||||||||||ェェ!?ヽ(゚Д゚ヽ)≡(ノ゚Д゚)ノェェ!?||||||||||─━─ 

ひえ~~~><;


※ 子宮内膜増殖症についてわかりやすいサイトがあったので、リンクさせてもらいました。
  ↓ ↓ ↓
子宮内膜増殖症というのはどういう病気なのでしょうか



* * * * * * * * *




でも掻爬手術と言っても内膜を丁寧に剥がすし、細胞を組織検査に出すし(ここで異型がどうかわかるらしい)、もしポリープがあってもその時に同時に取ることが出来るのだそうです。


「あ!じゃあ、今日子宮鏡の時に内膜の一部を取ってその検査もしてもらいたかったです!」

と思わず言うと、

「いやいや、内膜を取るのは相当痛いんですよ。だから静脈麻酔で眠っている間に取らないとならないから今日は同時には出来なかったんですよ。」


(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)

そ、そうなんだ・・・。

静脈麻酔で眠ってる間・・・コ、コワイ・・・。



てっきり子宮体ガン検診のような感覚で内膜の細胞を簡単に取れると思ったのですが、全然違うようでした。


あ~あ~

どうする私?どうするのよ~~~!?



困惑気味の私にR先生はA先生の意見を聞こうとしたそうなんですが、なんとA先生、お休みだったんですー!(も~う!時々肝心な時に居ないんだからー・゚・(lll´>Å<)・゚・)


流産経験もないし掻爬手術の経験もないのでその痛みがどんなものか全くわからない。しかも処置数時間前に子宮口を開くためのラミセル?というものを入れて2時間くらい安静にしているらしい。そうすると徐々に広がっていくらしい。

うっわーーー!ラミセル・・・治療仲間から聞いたことある!!!物凄く痛いらしいil||li(o_o,,)il||li

ただ、ひとつメリットがあって、今の私の内膜の状態だとかなりボコボコしているので、掻爬手術をして内膜を一度綺麗すると、また新しい内膜が出来てくる、それはツルンとした綺麗な内膜なのだそう。そして


ボコボコした内膜よりも

ツルンとした内膜の方が着床しやすい
 らしいのです!


へ~意外でした。

なんとなく勝手なイメージでは、凹凸がある内膜の方が胚が引っかかったり潜り込みやすそうって思ってたんだけど逆なんですね~。



それにしても次から次と自分でも呆れるくらい色んなことが障害物競走のように出てきますね~^^;



それもこれも全ては赤ちゃんをしっかりと迎え入れるため!!!



避けては通れない、すり抜けることも出来ない障害物の数々。


今回も又越えなければいけません。


明日頑張って手術受けて来ます!





ブログランキングに参加しています
掻爬手術が無事終わってそれがいい結果となるように!!!と思ってくださった方~
1日1回愛の応援ポチしてくれたら嬉しいです!(*^ー^*) by しっぽな
     ↓         ↓        ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ     



携帯から応援してくださる方はコチラからヨロシクお願いします♪
     ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 不妊(高齢赤ちゃん待ち)

2011/08/25 15:11 凍結胚移植に向けて(7回目) TB(0) CM(16) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告凍結胚移植に向けて(7回目) >> 掻爬手術・・・怖いです。。。

Comment
大丈夫ですよ!
手術を何度もこなしていて、腺筋症の痛みを知っているしっぽなさんなら大丈夫!

私も流産の時にKLCでソウハはやりましたが、歯の麻酔などで使うキシロカインなる部分麻酔での処置だったので、意識はあり、わずか10分ぐらい痛みなしで掃除機のようなもので吸われるような感覚で終わりました。
ただ処置後に服用した子宮収縮の薬のほうがよっぽど痛かったです。
また当時は流産ということで、心のほうが痛かったような。。

ただ私も手術前はビビッていました。
ラミナリアが痛いなどの情報もきいていましたし・・
ただ、ラミナリアは個人でかなり違うらしく、子宮口がやわらかいかどうかにも関係するそうですが私はぜんぜん無痛でした。

またきっとソウハよりも陣痛や帝王切開のほうが痛いと思われます。
(妹は腺筋症の痛みのほうが分娩よりも痛かったといっていましたが・・)
赤ちゃんを授かるためのステップと思ってがんばってください!応援しています。

2011年08月25日 16:56 ちぇりっしゅ1010 URL 編集

しっぽなさん、こんにちはっ。
掻爬手術って、流産のときにするだけかと思っていましたi-201
ぽんは3回経験がありますが・・・やっぱり麻酔がないと痛いんだろうなって思います。
術後も痛くて、痛み止めの点滴や座薬を入れてもらった記憶があります。
ラミセルはそのときによって痛みが違ったと思います。去年のときは、最初はやっぱり生理痛のど~んとした痛みがあったけれど徐々に慣れていきました。
ベビちゃんを迎えるための必要な過程・・・ならば仕方がないですよね。
大変さがわかるだけに・・・安易にがんばってとは言いづらいけれど(T-T)。。
からだも気持ちも大変だと思いますが、しっぽなさん、がんばってくださぃ!

2011年08月25日 17:03 ぽん URL 編集

ちぇりっしゅ1010さんへ
ちぇりっしゅさん、早速心強いコメントありがとうございます!
腺筋症の痛みを知っているから大丈夫と言ってもらえてなんだか嬉しくて涙出そうになりました。やっぱり恐怖心あるのかな。でも少し安心出来ました。
R先生も生理痛の強い感じかな、と言っていたので、きっと大丈夫よと言い聞かせていたんですが、何しろ全く未知の世界なのでとても不安だったんです。
辛い経験談なのに教えてくださって本当にありがとうございます。
今回は部分麻酔ではなく静脈麻酔で完全に眠っている間にするとのことでした。
うう~掃除機みたいので吸われるんですかね~。器具を使って手で掻き出すのかと思ってたけど吸うんですかねー>< でも寝てる間に終わってると思えば大丈夫ですよね。ちぇりっしゅさんは意識ある中でというのは辛かったですね;;

子宮口を開くものは人によって痛みが違うんですね。それも安心しました(自分が柔らかいかどうかわかりませんが^^;)。
あ、昔出産した友達から「内膜症の経験者であるしっぽななら陣痛の痛みには全然耐えられるよ、きっと内膜症の方が痛いから。」と言われたことあります。それを聞いて陣痛が怖くなくなった覚えがあります^^
明日頑張って来ますね! 
 

2011年08月25日 17:26 しっぽな URL 編集

ぽんさんへ
ぽんさん、こんにちは~♪
そうですよねー!私も流産してないのにまさか掻爬手術を受けることになるとは思いもしませんでした。
ぽんさん、そんなに経験があるんですね;;したくない経験ですよね。。。思い出させてしまってごめんなさい。でも経験談として教えてもらってとても参考になるし有難いです。ありがとう。
一応、点滴に吐き気止めも頼んだし、ラミセルの時も痛み止めの座薬を入れるそうです。
もし痛みが来ても内膜症の痛みを思い出したら耐えられるかな^^;
いえいえ、応援してもらえるのは心の支えになります!いつも本当にありがとうです。
赤ちゃんのためにも明日頑張ってきますね!
 

2011年08月25日 17:32 しっぽな URL 編集

しっぽなさん、掻爬手術とは・・・思いがけないことですね。。。
でも、赤ちゃんをしっかりと迎え入れるため!しっぽなさん、ファイトです!
痛みが無く、無事終わるように、お祈りしています!!!

2011年08月26日 11:32 かえで URL 編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年08月26日 12:47 編集

痛そう…
しっぽなさん、こんにちは!
すごく痛そうですね…。
読んでいるだけで、ブルブルってしちゃいました。
私は妊娠の経験がないので、もちろん中絶の痛みもわからないのですが、
ものすごくものすごく痛い、というのは聞いた事があります。
それと同じような手術、なんですよね…。
どうして神様とお地蔵さまはしっぽなさんにこんなに試練を与えるんだろう…。
赤ちゃんをお迎えできた時の喜びを倍増させるためかな?
そんなことしなくても、ものすごく嬉しいことなのにー!!

でもでも!
しっぽなさんだったらこの試練をクリアして、ゴールできると信じています!!
今頃はもう手術も終わってる頃ですよね?
次はツルツルの内膜で、タマちゃんズをお迎え出来ますよーに!

2011年08月26日 20:10 ゆう URL 編集

かえでさんへ
そうなんです。流産もしてない(先日の化学流産は本当の流産には入らないので)のにビックリです。
”掻爬=内膜を掻き出す”というイメージしかないのでさぞかし痛いのだろうと勝手に思っていたのでとても怖かったです。
でもお陰さまで無事終わりました^^ 
かえでさん、応援コメントありがとうございます!

2011年08月26日 23:15 しっぽな URL 編集

S子ちゃんへ
S子ちゃん、こんばんは~^^
お気遣いありがとうね♪うん、またいつでも聞くよ~!私も聞いてね^^
もうね、ビックリだったよ~><; 怖かったぁ。そっかぁS子ちゃんはそんなにしたんだね;; 本当に辛かったね;;
本当の掻爬手術した方のお話しを聞かせてもらうと今回の私のとはやっぱり違うんだなって思いました。それはそうだよね;; 処置の仕方だけじゃなくって心の傷があるのは本当に辛いと思うもの。
うん、今回の私の場合は赤ちゃんを迎え入れるためだものね。掻爬の後授かりやすいっていうの私も今までチラホラ見かけたことあって、どうしてかなって思ってたんだけど、内膜が新しく綺麗になるからなんだね。
去年は子宮を生まれ変わらせてもらえたし、今度は内膜を生まれ変わらせてもらえた♪
このことに感謝して来月こそしっかりと赤ちゃんを包み込みたいな!

2011年08月26日 23:32 しっぽな URL 編集

ゆうさんへ
ゆうさん、こんばんは~^^
お陰さまで思っていたよりも痛みは少なく無事に終えることが出来ました。
多分本当の掻爬手術とは違うのかなって思いました。術後も痛みは一切なかったし(それが一番の恐怖でした)。
でも私も全く未知の世界だったので凄く恐怖心があったんですがなんとか乗り越えることが出来て心からホッとしています。
自分でも色々出てくるなぁと思います^^; でも試練と思うと「どうして私が?」って思ってしまいますが、全ては赤ちゃんが来てくれる準備だと信じているので辛いというのはなく頑張ることが出来ます。
でもゆうさんがそう思ってくれて嬉しいです。いつも優しい言葉をありがとうです。
これでもう何も問題はないはず!と信じて9月のお迎えに向けて頑張りますね!o(^-^ o )
 

2011年08月26日 23:39 しっぽな URL 編集

ご無事に終わられたようで、良かったですね^^
ほんと障害物競争のように色々出てくるけれど、乗り越えてるってことだから、ゴールのテープは、もうすぐそこですよ♪

この間のタマちゃんは残念でしたが、こうして次のお迎えのための準備が万全にできたという意味でも、採卵周期になって良かっともいえますよね^^
しばらくは安静にしててくださいね^^

2011年08月27日 22:35 aiko URL 編集

aikoさんへ
aikoさん、怒らないでね~><; 実は全然安静にしてませんでした^^;
一番心配して怖かった処置後の痛みも何もなく済み、良かったです。
やはり本当の掻爬手術とは心身共に違うし、処置もきっと違うのかなって感じました。
同じ掻爬手術でも本物の場合は心がどうにかなってしまうかもしれませんね。
多分、あのタマちゃんが出て来てくれなかったらこうして新しい内膜を作ることもなく続けて移植していたと思います。受精してくれなかったのは残念だったけれど、移植のことを考えるとやっぱりあのタマちゃんは意味のあったものだったんだ♪って今では感謝しています。^^ 
 

2011年08月29日 13:41 しっぽな URL 編集

記事を読んでタマゴスープどころかタマゴ自体拒否反応(;××)的確に伝えたい お気持ちからなのでしょうが不特定多数の方が見る場所ですので、謝るのであれば 最初から、もう少し読み手への思いやり、配慮をお願い致します

2011年09月08日 04:05 さち URL 編集

さちさんへ
不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。確かにさちさんの仰る通りと思ったので、只今その部分削除いたしました。
以後気をつけるように致します。ご指摘ありがとうございました。

2011年09月08日 14:27 しっぽな URL 編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年09月14日 20:08 編集

おかんさんへ
おかんさん、ご心配してくださりありがとうございます。そしてブログを全て読んでくださったとのこと、何と御礼を言っていいのか・・・相当の時間を費やされたか・・・本当にありがとうございます。
ご長女の方、そんな大変なご病気だとは・・・初めて聞く病名に治療名・・・少し調べてみましたが、ご本人もどれだけ辛いか怖いか・・と思いますが、おかんさんのお気持ちを思うと私も辛くなります。私はまだ子供がいないので、逆にもしも私がそういう病気になった場合のうちの母の気持ちを想像してしまいました。それだけで泣きそうになりました。おかんさんの気持ちは私が想像するのの何倍何百倍何千倍と苦しまれてこられたかと思うとおかんさんの強さに頭が下がります。言葉にすると軽くなってしまい上手く伝えることが出来ません。でもおかんさんがこうして私に優しい声を掛けてくださったこと、心に染み渡りました。
余計なお世話だなんてとんでもないです。普通に生活出来ること、それがどれほど幸せなことか私も子供の頃から身体が弱かったのと今だにいろんな事で入退院して身に沁みています。でも喉元過ぎれば・・にならないようにおかんさんの仰るようにこれからも食べ物も気を付けて一番は身体を大切にすることを心掛けようと思います。そしていつか私もおかんさんのような母になりたいです。頑張りますね。本当にありがとうございました。お嬢様のご病気が1日も早く完治され、おかんさんのお気持ちが休まることを心から祈っております。

2011年09月15日 19:37 しっぽな URL 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/807-09df3eff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。