スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

手術当日・自然妊娠の可能性はゼロ~≪卵管切除術(卵管水腫のため) その2≫

入院当日(手術前日)・知らなかった卵管采の話~≪卵管切除術(卵管水腫のため) その1≫長文 に続き、手術当日の記録です。




ライン-e2




2011年 5月31日(火)  手術日



今朝はさすがに絶飲絶食。
朝7時頃、検温・血圧・心拍数計測した後、浣腸された。

5分くらい我慢出来たらして、と言われたけど1分半で限界!ε=ε=ε=ε=┏(≧3≦)┛

その後例によって血栓防止の白のハイソックスを履く。
去年、手術が終わってふとベッドサイドを見たら自分が手術室へ行くまで履いてたパンツがご丁寧に医療用の梱包材?に包まれてサイドテーブルに置かれてたのがひどく恥ずかしかったので今回も何も言われてないのに自らパンツは脱いでしまっておきました。(笑)


AM8時前にみーさん到着。

それから再び看護師さんが来て麻酔のための点滴確保。

AM9時 看護師さんがお迎えに来る。廊下に待機していたストレッチャーに乗り手術室へ。

みーさんとはそこでじゃあね~(^O^)/と言ってお別れ。





オペ室に入りストレッチャーからオペ台に移動。この時もまだ病衣は着ている。

看護師さん達が準備する中、K先生が登場したのですかさずゆうべ書いた追加のお願いメモを渡す。

“追加の”というところにウケル先生。

でもすぐ真面目な顔になり「わかりました。」と。

今回はなぜか麻酔科の先生の姿が見えず(オペ室にはいたはずだけど)、女性の麻酔科の先生?が「ではこれから眠くなる薬を入れていきますね~まだ麻酔は入れませんからね~」と言われたのが最後、記憶がありません。
相変わらずこの病院の麻酔の技術は凄いなぁ、私にはとても合ってました。




ライン-e2





オペの予定時間は1時間。

みーさんは今回は手術時間が短いので手術室前の家族待機室で待っていたそう。

結果、2時間半のオペとなりました。



気が付くと病室のベッド。お願いしていた吐き気止めが効いていたのか吐き気は一切ない。初めての経験に不思議な感覚。

吐き気が無いのは身体的にはとても楽だったがその代わり変な睡魔が抜けず、ずーっと朦朧とした感じ。多分見た目とは裏腹に意識はわりとハッキリしていたと思う。でも私が目覚めた時、みーさんが何か言ってたようだけどよく覚えていない。
吐き気がないせいか酸素マスクも苦しくなくてされるがままにしていた。

少ししたらS先生とK先生が来てくれた。



手術内容の説明を始めるS先生。
手術時間が去年の約半分だったので意識はかなりしっかりしていて会話が出来ていた。(去年も会話は出来たが時間は短かった)



その時、S先生から耳を疑う一言が!




「しっぽなさんねぇ…左の卵管、直腸や子宮との癒着が酷くってね…卵管剥がしてたら

卵管が途中で切れちゃったんだよ。」


「!!!ガ━━━━━||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||゙━━━━━ン!━━━━━・・・・!(´;ω;`)」


朦朧としてるはずなのに涙がツーーーとこぼれました。


(卵管、両方とも無くなっちゃった。。。これで自然妊娠の可能性はゼロ…)

まるでまるで、カナヅチで頭を殴られたとはこのことか・・・というほどの衝撃でした。。。

いえ、この年で自然妊娠がどれだけ難しいのかわかっている。だけどだけど、子宮・卵巣・卵管があれば・・・もし体外がダメでも夢が見られるじゃない? でも・・・両方の卵管を失うというのは・・・その夢さえも見られなくなるってことなんだよね・・・。。。 夢ぐらい見たかったなぁ~。


でもS先生は説明を続けます。(この時は術後すぐだったのでかなり簡潔に端的な話のみ)


その説明を聞いていたらこれはもう仕方なかったんだな、と納得が出来て涙も引っ込みました。信頼していたS先生をK先生に執刀してもらわなかったらこういう気持ちになれたかどうかわかりません。本当にここの先生達に手術を任せてよかったと思えました。




ライン-e2



その後、先生達がいなくなり私は瞼が重くて重くて目が開いてられませんでした。はたから見たら眠っているように見えたでしょう。でも眠ってはいなくて意識はありました。
看護師さんが何度かやってきては血圧・心拍・検温、点滴の様子などを見に来ていてバタバタしているのがわかりました。

そのうち暑く暑くて酸素マスクの中が汗びっしょりでした。みーさんに「汗を拭いて」を言いたかったけれど何故か口が回らず。こういう時、みーさんはとても甲斐甲斐しく面倒を見てくれるのですが、この時はなぜかベッドのそばに座っていただけのように感じました。多分私がいつものように嘔吐しなかったので安心して少し気を抜いていたのかもしれません。仕方なく自分で枕元にあったタオルで酸素マスクを外して顔を拭きました。

普通ならそこで嫌いな酸素マスクを外してしまうところだけど、なぜかイヤではなく又酸素マスクをはめました。そのほうが楽だったのでしょうか?

とにかくその後も何度か汗びっしょりになり自分でふきふきしてました。

話すことが殆ど出来ず、かと言ってコットリ眠ることも出来ず。。。朦朧と辛い時間でした。キズの痛みはなかったけれど胃の辺りが痛くて腹腔鏡特有のガスの痛みだったのかな。

だけど!!!

後でみーさんに聞いたらイビキかいて寝てたよ、と。

えええ ∑(゚A゚;;;)

おっかしいなぁ。眠っていた覚えはないんだけど(笑)

それから、、気が付くとなんだか頭が何かに押し付けられてるみたいに痛い。。。

どうやら寝てる間に頭がベッドの上の方へ行っててベッドヘッドに頭が押し付けられてたのでした。

看護師さんがちょうど来て私の様子に気付き

「あら!随分上に行っちゃってるわね!(´∀`;)」

と言ってみーさんと一緒に身体を持って下に下げてくれました。(手術後は吐き気止めの意味で枕はさせてくれません。だから余計に上に行ってしまったみたい)

自分の頭がグニャっと曲がって寝ていたと思うとあまりに可笑しくって大笑いしてしまいました。みーさん、看護師さんも釣られて3人で大笑い。
手術した患者がベッドで笑ってるってあまりいないなぁ~と朦朧とした頭で思い、ああ、私笑ってるって思いました。(麻酔で頭がおかしくなってた訳じゃないですよ^^;笑気ガスじゃないし^^)


それから再び朦朧状態に。

何時間くらいそんな感じでいたのでしょう。。。

はっ!そういえば朝9時からのオペで終わったのが11時半。

それからみーさんはお昼はどうしたのかしら?(今気付いた)

気付くともう夕方で・・みーさんは夕方私が乗ってきた車で帰って行きました。その時のことは覚えているのだけどそれまでの数時間はやっぱり朦朧としていてあまりというか殆ど覚えてません。でも眠れない・・暑い・・という思いだけが渦巻いていたように感じます。やっぱりイビキかいて寝てたのかなー? うーん。。。


でもいつも一晩中嘔吐で苦しむので同室の人に迷惑をかけてしまう私としては吐き気が一切なかったのが不思議な感覚でした。でもその代わりやっぱり朦朧とした頭がとても辛かったです。 嘔吐してるとイヤでも起き上がって枕元のトレーに吐くのでどんどん意識がはっきり回復していくんですね。初めて知りました。あ!あと今回は気持ち悪さがないのでガスの痛みにいち早く身体が感じてそれも辛かった。 どちらがいいかと聞かれたら・・・うーーーーんん、、、どちらもイヤかなぁ。でも身体的には術後すぐに起き上がらなくていいので嘔吐が無い方がいいのかな。





ライン-e2




そしてこの日の晩は殆ど眠れませんでした。

どうしてかというと、看護師さんが交代交代でひっきりなしに(実際には1時間おきくらい?)点滴チェック、血圧、心拍、検温に来るのです。血圧は上腕に巻くタイプだったのでその度に目が覚めてしまいます。

もう寝かせてくれ~と思いましたが仕方ありません。術後何かあったら大変ですもんね。そんなこと言ってられません。

多分一晩中そんな感じだったと思います。

でもこうして手術は無事に済みました。

ただひとつ、予定とは違って両方の卵管を失ってしまったけれど、先生方も言っていたように子宮外妊娠の心配は一切無くなりました。だからあとは愛しの受精卵ちゃん達が私のお腹にピッタンコしてくれるのを信じて待つだけとなりました。

っていうかお腹にピッタンコが決まってるから、もう私には卵管は必要ないってことなんじゃないか♪って思えて仕方ないんですが、・・・そう信じていいですよね。。。(〟〟´∀`) 




ライン-e2





手術の詳細&摘出画像アリ~≪卵管切除術(卵管水腫のため) その3≫ に続きます。


またしても長くなりました。最後まで読んでくださってありがとうございました<(_ _)> 


ブログランキングに参加しています
卵管なくてもお腹にピッタンコ決定だよ~!と思ってくださった方~
1日1回愛の応援ポチしてくれたら嬉しいです!(*^ー^*) by しっぽな
     ↓         ↓        ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ     

2011/06/28 17:54 卵管切除術(卵管水腫のため) TB(0) CM(20) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告卵管切除術(卵管水腫のため) >> 手術当日・自然妊娠の可能性はゼロ~≪卵管切除術(卵管水腫のため) その2≫

Comment
こんばんは!
しっぽなさん…!!!
残念でしたね…。「残念でした」という言葉も適切ではないと思うのですが…。
卵管が途中で切れちゃうなんて、そうとう癒着がひどかったんですね…。
でも、それでもやっぱり悲しいですよね。
なんて言えばいいかわからないけれど、
でも、しっぽなさんの言うとおりだと思います!
しっぽなさんはもう受精卵ちゃんたちがお腹にぴったんこすると決まっているから、
だから、子宮外妊娠という怖い事が起こらないように、神様とお地蔵様が今回の結果をもたらしたんじゃないかなって私も思います!

絶対に大丈夫です!
最後の受精卵ちゃんもいるし、ニコタマちゃんもいるし!!
他のタマちゃんたちもいるし!!

絶対に妊娠しますよー!
しっぽなさんが妊娠できなかったら、神も仏もありませんよ。
だから、私は信じてます。
しっぽなさん、これからが勝負ですよ。
いつも応援しています♪

2011年06月28日 23:59 ゆー URL 編集

ああ・・・手術おつかれ様でした(T∀T)
朦朧として眠るに眠れないってのはしんどかったですね。
今はだいぶ回復してきてるかな。

>ブログ記事の保存
FC2のブログ管理画面の「ツール」の「データのバックアップ」の「エクスポート」っていう項目のところからも保存出来るみたいですよ^^
「記事テキスト」と「画像・ファイル類」をそれぞれダウンロード保存出来ます。
うちは今、全記事で750件位なんですが、一気に「記事テキスト」をダウンロードしようとしたら容量オーバーでエラーになりました。なので年毎に保存することにしました。
あと、ダウンロード保存した記事テキストはWindowsに最初から入ってる「メモ帳」などで開くと文字化けですごいので、文字化けしないテキストエディタがあったほうが、中身が確認できたり直せたりするからいいみたいです。
「エクスポート」の説明文の下の方にリンク付きで何種類か載ってました。私はTerapadてのをいれてみました。

>民の記事を移行
民はブログサービスに「インポート・エクスポート」の機能が付いてなかったこともあって、Weboxというサイトのページを丸ごとスクラップ記事のように保存できるツール(ソフト)を使って、自分の民ブログのページをPCに保存してました。
それをWeboxで開いては民ページの個別記事を選択コピーして、FC2の新規記事作成画面にコピペしてUPするという、アナログなやり方してます。
アナログ万歳\(^o^)/です。

↓参考。記事保存の保険になるかも。
Weboxのページ
http://webox.sakura.ne.jp/software/webox/index.html

Weboxのダウンロードページ
http://webox.sakura.ne.jp/software/webox/download.html

もしもWeboxを使ってしっぽなさんのFC2ブログを保存するときは、
<そもそも>
・Weboxをダウンロードし、インストールする。
<下準備>
・しっぽなさんのFC2ブログのサイドのアフィバナーなどをいったんしまう。(バナーまで読み込んでしまうと時間がかかる)
・でもカテゴリとか、月別過去ログとか、コメントとか、新着記事とかのリンクは出したままにしておく。(そのリンクから飛べるので)

<Weboxで実際にサイトを保存>
・「サイトをまるごと取り込む」ボタンを押しても「ルートメニューはなんたらです」とメッセージが小さく出るだけの時は、左サイドの「未整理フォルダ」をひとなでしてからボタンを押すw
・ボタンを押したら、設定ウインドウが出てくるんだったかな?
すみませんうろ覚えですが、そのなかで「階層」は「20」位を辿る設定で良かったかと思います。
(そのサイトによるけど)

長文失礼しました(汗)
ちょっとやってみようかなって思った時には、おためしください~。
ちょっとうろ覚えで書いてすみません。
なにかありましたらあまり役に立たないかもしれなくて申し訳ないけどまたコメどうぞ~

2011年06月29日 00:02 ジル URL 編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年06月29日 09:21 編集

しっぽなさん、こんにちはっi-179
そっか~。。卵管残念でしたねi-241癒着がすごくて切れちゃった…ってやっぱり卵管は切れたら元には戻せないのでしょうか。
夢はみれないかもしれないけれど。
でも、子宮外の心配もない、あとはたまごちゃんをお迎えして妊娠するだけです(^-^)v
きっとおなかにぴったんこしてくれると思います!
術後の辛い様子が読んでいてよくわかりましたi-201それに手術の夜って眠れないですよね。
とにかく順調に体が回復していることを願ってます。大事になさってくださぃね。

2011年06月29日 09:43 ぽん URL 編集

手術を何度もすると
癒着が酷くなるんですよね・・・

だから本来の手術場所ではない
他の臓器なども傷つけたりする危険性も出てくるんです・・

そういう結果になってしまったのは
ある程度、仕方ないと言うか・・・

先生方からすれば~
想定内だったのかも知れませんね。

ただ、しっぽなさんが思ったこと
(卵管は必要ないってこと)
出した結果が、答えだと思いますよ。

これからは、ゴールに向かって突き進む
しっぽなさんを応援したいと思ってます^^


あ~それから
全然関係ないかも知れないけど

卵管の管が
辞める辞めないと騒いでいる菅さんの
菅になってます(爆ww

2011年06月29日 12:32 なぎさ☆ URL 編集

しっぽなさん、卵管、とても残念でした。子宮と腸に癒着していたのですね。
これはきっとタマゴちゃんが私達がぴったりとお腹に着床するからもう心配しないでというサインなんだと思います。
今まで色んな試練を乗り越えてきたしっぽなさんご夫婦。きっときっと可愛い赤ちゃんがやってきてくれます。私はずっとそう信じています。

2011年06月29日 14:29 オージー URL 編集

皆さんのコメント読みながら、そうだよね、そうだよね~と頷いてました。
思ったこと、全部書いてもらってるから、何も書くことないよ~(笑)
癒着ね~、私もけっこうあると思うんです。
元々の内膜症の癒着と手術のと、再発のと・・。ラパロ、3か所穴?開けて、1つは腹膜?(いや違ったかな?内側の膜)だかと一緒に縫っちゃってて、小さなおへそみたいになって、引っ張ってるんです。(中には問題ないみたいだけど、ひどいでしょ~)
まあ、あの時はべビがどうとかいうより、自分的には生きるか死ぬか・・もう、中身全部とっちゃって~みたいな状況だったから、あまり気にしてなかったけど。そんなことがLUFの原因だったりして~なんて思ったりする今日この頃です。

こんなに頑張ってるしっぽなさんにべビちゃんが絶対絶対来てくれますように。

2011年06月29日 20:28 aiko URL 編集

泣いたり笑ったりしながら読みました。
こんな大変なことが起こってたなんて・・・。知りませんでした。
そんなときに、私の相談にも乗ってくださって、本当にありがとうございました。

たまちゃんが、見てます。
みーさんも、ホント優しい方ですね。
お二人のやり取りを読んでいると、柔らかな気持ちになれます。

2011年06月29日 20:58 てるちゃん URL 編集

初めまして。ブログ村のランキングから偶然、拝見しました。
いつもは他の方のブログにコメント残す事はないんですけど、なんだか勝手にご縁?を感じてしまってv-22
実は、わたしも筋腫、内膜症、腺筋症持ちなんです。
しかも、つい最近(6月)にK先生、S先生(多分同じ病院です)に執刀していただきました。
そして、しっぽなさんよりも長距離通院です(笑)
今は、仕事を休んで自宅療養中です。早くかわいい赤ちゃんを授かりたいですね。

2011年07月01日 10:51 yuna URL 編集

ゆーさんへ
ゆーさん、こんばんは~^^
はい・・卵管残念でした;; でもこればかりは仕方ないですよね。
卵管はもう直腸や子宮とかなり酷い癒着だったらしいです。
でもでもそうなんです。ゆーさんも思ってくれたように神様やお地蔵様がこれ以上心配事がないようにこういう風にしてくれたのかなって思ってそれを信じてるんです^^ 
そうでなければこんなにあれやこれや起こらないと思うし不安材料を全て取り除いておいてくれるのかなって^^
クリニックで待っていてくれるタマちゃん達も年齢的にはギリギリの子達だけど、きっと顔を見せてくれるって信じて頑張っていきますね。
ゆーさんのいつも力強い応援コメント、本当に嬉しくて元気が沸いてくるし、きっと私は妊娠出来るんだ!って思えてくるんですよー!
ゆーさん、本当にありがとう!
 

2011年07月01日 17:34 しっぽな URL 編集

ジルさんへ
ジルさん、ありがとうございます。
今回の入院で「本物の朦朧」というものを初めて体験したような感じでした(笑) 
なぜか退院直後よりも先々週くらいが一番かったるくってしんどかったんですが、今はおかげさまでもう体力もかなり回復してきました(・∀・)v

うわあああああ!!!v-10
ジルさんが救世主に見えます!私はなんと愚か者なのでしょう。。。FC2にそのような機能があったんですね!やっぱり大手?だし民とは格段の差が・・^^; 
教えてくださった通りデータのバックアップやってみました。そしてメモでは文字化けすることも確認。
そして私もジルさんに倣ってTerapad入れてみました。バッチリでした!コメント欄も全部バックアップ出来ました!本当にありがとうございます!!! 
今までは単純にブログ記事のひとつひとつの記事ページをコピペしてやってたので途方もない時間がかかってたんです。私も記事数が745あったので1日にこれだけこなしたら・・と単純計算してみたら2、3ヶ月かかることに愕然ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ ジルさんに泣きついてしまいました。それにしても全く時代についていけてない私です。
余談ですが、先日ブルーレイレコーダーを買いまして、、、時代はこんなに便利&スゴイことになってたのかぁーーー!!!と夫と2人感動していた次第です(時代遅れも甚だしいですね^^;)

民の記事移行のやり方は今はちんぷんかんぷんなので、時間のある時にでも少しずつWeboxのサイトを見て勉強したいと思います。Weboxで保存するやり方まで丁寧に教えてくださって感謝してもしきれません(≧ω≦) でもちょっと・・というか殆ど理解不能なのです(;´・∀・`) すみません(;´Д`)
だけど 私もこういうデータ関係に関しては仕事上でも苦い経験がたっくさんあるので、保険の保険というのは大切だと思いました。
本当にこんなに沢山教えてくださってありがとうございました!!!

2011年07月02日 18:44 しっぽな URL 編集

S子ちゃんへ
S子ちゃん、ありがとう!
今回の手術は過去やってきたものに比べたら一番軽いものだったけれど、やっぱり全身麻酔っていうものが身体にはしんどいものなんだよね、きっと。
もうあとは手術するとしたら今度こそ出産の時の帝王切開であって欲しいよー^^;

うん、卵管のことはもう仕方ないってその場で思えたんだ。S先生やK先生に出会えて本当に良かったって思うし感謝してるの。だから後はそれを受け止めて、でもこうなったのには何かきっと意味があるんじゃないかって思ったら、あ、そっかもう私には卵管は必要ないからなんだって思ったんだ。
どうかそれが現実のものになって欲しいです。S子ちゃんの言葉凄く嬉しいなぁ。ありがとうね。
でもミラクルは赤ちゃん待ちしてる人の誰もに起こり得るって思う!だからこれから一緒に頑張ろうね!そうだ!S子ちゃん!一緒にミラクルママになっちゃおうね~^^
 

2011年07月02日 18:51 しっぽな URL 編集

ぽんさんへ
ぽんさん、こんばんは~^^
卵管、悲しかったです;; 卵管については以前H先生に聞いたことあります。詰まったところを切って縫い合わせたり、例えば通っている方の卵管を反対側の卵管に移植するなんてこと出来るのか?と。そしたらとても難しい手術だけど出来ないことはないらしいんです。でも私の場合は子宮、卵管、直腸、卵管采と全部がもう繊維化してる程の癒着だったそうで、それ以上いじったら直腸に穴が開いて大変なことになるとのことで、何が大切かを考えてそれ以上卵管をいじったり癒着を剥がしたりすることは止めたのだそうです。もうこれを聞いたら本当に最善を尽くしてくれたんだな、とさっぱり諦められました。

ぽんさんありがとう!!!おなかにぴったんこしてくれるかな♪くれると信じて!!! そうなるから卵管を失ったんだって思えば何も悲しいことはないものね^^
またブログに書くけれど今日も移植に向けてクリニックに行ってきました。頑張りますね!ぽんさんもその後体調どうですか?ムリしないでくださいね。
 

2011年07月03日 00:43 しっぽな URL 編集

なぎさ☆さんへ
癒着は身体の防衛本能だから仕方ないとはいえ、他の臓器にまで及ぶのは勘弁してくれ~って感じです;;
でも私の友達で一度も手術をしたことなかったんですが、内膜症で手術したところ酷い癒着だったそうです。内膜症による炎症が引き起こすってこともあるようなので癒着恐るべしですよねぇ。。

はい、無くなってしまった卵管のことを思っても仕方ないし、こうなったってことは私には必要がないんだってことだと信じてこのまま突き進みますねー!ε=ε=ε=ε=┏(≧∀≦)┛
なぎさ☆さんの応援心強いでっす!!!ありがとう!

あらっ!ホントだ(汗)字間違ってるー。ご指摘ありがとー^^; 直人ならぬ、直しておきました(〃´艸` )
 

2011年07月03日 00:53 しっぽな URL 編集

オージーさんへ
はい、、、卵管残念でした;; でも先生の説明を聞いたら諦めもつきました。
かなりの酷い癒着でこれ以上いじったらもっと大変なことになってしまうという判断にいたったようです。こればかりはもう仕方ないですよね。
でも神様が子宮外妊娠のことも不安なく今後移植出来るように、そして私にはもうこれからお迎えするタマちゃん達がいるからもう必要ない臓器なんだよ、と言ってくれてるように感じました。
一昨日も移植のためにクリニックへ行ってきました。あともう少しでお迎えが出来ると思うとなんだか楽しみになってきてます^^
オージーさんが信じてくれてるように私もタマちゃん達のこと信じて最後まで精一杯やるだけです。
オージーさん、いつもありがとうです(*^ー^*)
 

2011年07月03日 11:21 しっぽな URL 編集

aikoさんへ
癒着って体質もあるかもしれないよね。。私の場合は完璧に癒着体質苦かも~(-д-;) お風呂上りに耳の中をよーく拭かないとヒダヒダ(?)の同士がくっついてることがあるの!(笑)耳を触るとなんだか変で更に触ってたらそのくっついてた所が剥がれて血が出てきたこともあったよー(*゚д゚ノノ どんだけ~?って感じでしょ^^;
aikoさんも癒着ありそうなのね。。。えええ!腹膜と一緒に縫われた!?それは酷い!でも問題なくてよかった。。。んーーー、、、でもそれがルフの原因?かぁ・・・悩ましい問題だねぇ・・でもaikoさんはちゃんと自力排卵してるしそれは大丈夫なんじゃないかな~。
内膜症の痛みもそうだけど、それぞれ痛みって病気によって違うけど、それぞれに本当に辛いし、なった人しかわからないものだよね。腸閉塞の時も死ぬ方がマシって思うくらい辛かったなぁ。aikoさんも相当辛かったね;;よく頑張ったよ~;;
でもaikoさんも私もあれだけの痛みを経験してるから出産の時の痛みは全然大丈夫って思うんだ^^
お互いこれからだね♪ガンバロウね^^ aikoさんの想い嬉しいな、ありがとうね (*'-'*)
 

2011年07月03日 11:37 しっぽな URL 編集

てるちゃんさんへ
てるちゃんさん、いつも私の気持ちに寄り添ってくれて本当にありがとう。とっても嬉しい(;_q))!
ううん、あの時はもう退院してたし、気持ち的には全然落ち着いてたし大丈夫ですよ^^
その後何か進展はあったかしら? 
また何かあったら(別になくても^^)私でよければいつでも連絡くださいね(*^ー^*)

タマちゃん、見てくれてるかな~。見てくれてますよね!
よし!あともう少しでお迎えです!今自分に出来ることを頑張って無事にお迎え出来るようにしたいと思います!
みーさんにはいつも心配かけ通して・・・感謝してます。もっと体力つけて頑張らないとって思います^^
 

2011年07月03日 11:47 しっぽな URL 編集

yuna
yunaさん、初めまして^^ ご訪問&コメントありがとうございます♪とっても嬉しいです!
なんとyunaさんもS&K先生ペアに執刀してもらったんですね!しかも6月とは!すれ違いだったのかな?
あの2人のドクターなら安心してお任せ出来ますよね。
その後体調などはいかがですか?長距離通院では大変でしたね。もう一ヶ月検診は終わりましたか?
yunaさんのお身体が順調に回復されるように祈っております。
はい♪お互い綺麗な身体になったわけだし、赤ちゃんもきっと見ていてくれてやってきてくれると信じて頑張りましょうね♪
 

2011年07月03日 11:55 しっぽな URL 編集

しっぽなさんこんにちゎ。

卵管、残念でしたね。
やっぱり手術とかをすると癒着しちゃうんですかねぇ。。。
ワタシは、卵管が詰まってるので、詰まりを取る手術をしたらどうなるのかを担当医に聞いた時、「完全に閉塞しているわけじゃないのに手術をして、もしそのせいで癒着とかってことになるとよくないよ」と言われました。

でも詰まってるってことは、子宮外の可能性が高くなるのでは?と気になってますが…

体調は戻りましたか??

きっとしっぽなさんの思った通り、おなかにピッタンコが決まってるから、卵管は必要ないってことなんですよね(^^♪
ワタシもぴったんこを信じて祈ってます(。-人-。)

2011年07月03日 12:33 ARIA URL 編集

ARIAさんへ
ARIAさん、こんにちは~^^
はい、、卵管は残念だったけれど、こればかりは仕方ないって先生からの説明聞いてすっぱり諦められました。
手術して外気に触れ炎症反応が起こることで癒着してしまうそうです。かといって手術を一度もしてない人でも内臓になんらかの炎症が起こると癒着してしまうそうです。
ARIAさんの卵管の詰まりって片方ですよね? 詰まりを取るにはFT(卵管鏡下卵管形成術)という方法もあります。手術というまでもなく膣から管を入れて詰まりを取る方法です。だけど、これによって又癒着が起こるという先生もいるし・・あとは卵管造影検査も詰まりが取れる場合があるという利点もあります。でもARIAさんの主治医の先生がそう仰っているのならきっと問題ない範囲なのでは?と思いますよ。

はい^^お陰さまで体調もかなり元に戻りました♪ 
ピッタンコ信じてくれてありがとうです!ARIAさんの祈りタマちゃん達にもきっと届いてるって信じます!ありがとう~(*^ー^*)
 

2011年07月03日 12:52 しっぽな URL 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/770-69be0a9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。