スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

ホルモンを出させるツボ~お灸篇

移植へ向けての応援コメントどうもありがとうございます!
月曜日が来て移植が出来たら憧れの姫生活(*^_^*)♪ ブログの更新も当分途絶えてしまうと思うのでちょっと今のうちに更新しておこうと思います。

今日は私が通う鍼灸院で教えていただいたお灸のお話をちょこっとしたいと思います。本当は私が鍼をしてもらっているツボのお話をしたいけど、何十ヶ所もあってとてもじゃないけど、説明など出来ないので、お灸のお話にします(笑)。


これは以前から鍼治療を受けた日以外は毎日するように言われています。鍼灸院でする場合は昔ながらのモグサを使いますが自宅用にはせんねん灸を治療終了後、一週間分頂けるんです。余談になりますが妊娠して逆子になったりした場合、このモグサのお灸をすると一発で治ったりする事があるそうです。私も一度足の裏にされた事がありますが、
「痛ーっ!(@Σ@;)」
とあまりの痛さで足を跳ね除けてしまった事があります。一瞬足裏に鍼を刺されたのかと思ったくらい鋭い刺激でした。赤ちゃんもビックリして居るべき位置に戻ってくれるのかもしれませんね。(^u^)


さて実際に私が毎日お灸をしているツボはこちらです。
脚の内側、骨際(こつさい=文字通りスネにある骨の際のライン)にある 
●【三陰交(さんいんこう)】=内くるぶしから指4本分上の所
●【陰陵泉(いんりょうせん)】=膝下の骨の出っ張りのすぐ下
●【血海(けっかい)】=膝のお皿から上指3本分いった所
(本当はここで絵を描いてブログに取り込んで説明したかったのですが、今は移植までにしなければいけないことが山ほどあり時間がないので文字だけでごめんなさい!検索してもらうと場所はすぐわかると思います。殆どの女性の場合、それぞれ押すと痛い所があり、そこがそうです。)


以前、生理痛とヨーガ。の記事で、
脾経(ひけい)のライン(両太ももの内側の縫工筋(ほうこうきん)または内転筋あたり)の痛い所を生理の時にモミモミすると生理痛が治まると書きました。この血海も生理痛に効くそうです。
この三箇所は卵巣ホルモンと黄体ホルモンを出させるツボなんだそうです。

今日、鍼灸院に電話して月曜日に予定通り移植出来たとしたらお灸は引き続きしていいかどうか伺ったところ、【三陰交(さんいんこう)】【陰陵泉(いんりょうせん)】はした方がいいが 【血海(けっかい)】はしてはダメとのことでした。【血海】は卵巣ホルモンが出過ぎるので生理になってしまうかもしれないとのことでした。そして、移植当日は避けて翌日からやってくださいとのこと。ツボって繊細なものなんですね。少しずれただけでも違ってくるだろうし。

【三陰交】のツボは鍼でも結構な刺激が残る時がありますが、自分でお灸をした場合でも翌日に”ピキー”っと痛みが走ることがあります。それだけ刺激として効果があるということだと思ってます。ただ、昨夜で終わったとは言え、約3週間強の点鼻薬使用で一切のホルモン分泌を抑えてたので、果たしてお灸や鍼が効いているのか? ふと、そんな疑問が頭をよぎりました。『 西洋 VS 東洋 』 といったところでしょうか^^;
でも私は東洋人なので鍼とお灸の力を信じてこれからもやっていきたいと思ってます!

2007/06/30 22:17 鍼灸 TB(0) CM(2) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告鍼灸 >> ホルモンを出させるツボ~お灸篇

Comment
明日、移植頑張って下さいね!
卵ちゃんたち、きっとママのお迎えを待ちかねてますよ~。
何をかくそう私も鍼灸院大好きです。
以外と鍼より、チクッてするお灸、痛いですよね~。
しっぽなさんも、鍼灸で体調万全!
姫生活楽しんでくださいねっ。

2007年07月01日 14:44 ゆっち URL 編集

ゆっちさんへ
はい!明日、頑張ってきますね~^^
あ!ゆっちさんも鍼灸院好きなんですねー^^
痛みがなくってリラックス出来たときはとっても気持ちいいですよね~♪

そうそう、姫生活のこと、ちょっととまどってます。
ゆっちさんはどんな事に一番気をつけてましたか?
よかったら教えてくださいね。

2007年07月01日 19:17 しっぽな URL 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/74-fad3bd30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。