スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

弔いの旅へ。

こちらは予約投稿の記事です。






先日もお伝えしたように、今月末みーさんと一緒に中国へ行くことになっています。

太平洋戦争時代、みーさんのおばあさんは中国の奉天(現在の瀋陽)に疎開していました。

その頃は旦那さん(みーさんのおじいさん)、息子(みーさんの伯父)、娘(みーさんの伯母)、お父さん(みーさんの曾祖父)と一緒でした。

疎開先を転々と移動する途中、お父さんが亡くなり、その後更に南下しながら移動。またその途中で娘さんを亡くされてしまったそうなのです。

でも逃げる途中だったのできちんと荼毘に臥すことも出来ずそのまま洞窟のような所に置いてくるしかなかったそうなのです。

お父さんのことはともかく(^^;?)、亡くなったとはいえ、そこへ置いてきてしまった娘さんのことがおばあさんにとっては未だに気掛かりで仕方ないそうなのです。 
つい去年までは畑仕事をして元気だったのに…ここ最近、めっきり弱くなってしまい入退院を繰り返しているおばあさん。

そのおばあさんの心情を知ったみーさんが是非おばあさんのために伯母さんを弔ってきてあげたいと思ったようです。みーさんは親よりも本当におじいさん、おばあさん想いなのです。そういう教育?をしてきたお義母さんも偉いなぁと素直に思います。 

本当は移植とかぶるようなら自分ひとりで行くと最初は言ってたんですが、私が移植後を一人で過ごすのは絶対にイヤ、まして一人で中国へ行かすなんて心配で姫生活どころじゃないよー!と大反対したため、移植を優先にしてくれました。

移植が決まれば行くのは止めると言っていたみーさんでしたが、リンパ球移植が入ったため胚移植は4月以降に。そこでまたその話が再浮上したわけです。

胚移植が先になったので、私も一緒に行くことにしました。




ライグリーン




当時3歳だった伯父さんは今も元気でみーさんの故郷にいます。日本に帰国してからおばあさんは娘3人を産みます。その末娘がみーさんのお母さんです。


伯父さんは幼いながらもおぼろげな記憶があるようでそれを頼りに場所などを聞き、話を煮詰めていきました。


でも亡くなった場所がここだ!というようにはハッキリとはわからないけれど、小さな墓碑を立てておばあさんの髪の毛と写真を埋めてきてあげたらという私の提案もあり、私はみーさんの母校である大学構内へ石を拾いに行きました。(そこら辺の石ではなく、少しでも関係のある石の方がいいかなと思ったので)

名前を彫ろうと思っていたので出来るだけ平らな石を・・・と探して探して途中雪も降ってきたりして寒かったけどなんとなく良さそうな石を3つ持ち帰りました。その中からみーさんに一つを選んでもらおうと思っていたのです。
墓碑用の石


ところがこれがなんという偶然か、必然か?




ライグリーン



その数日後、伯父さんからおばあさんの髪の毛と一緒に「霊玉(?玉の難しい字?)」と書いた御札が送られてきました。神社で髪の毛に魂を入れてもらったものなのでしょうか?中身を見るわけにもいかずちょっとよくわからず。(今度伯父さんにちゃんと聞きます。というかみーさんが聞いたのに忘れたという・・・( ̄∀ ̄;))

そして同封された手紙を読んでビックリ。

弔って欲しいのは3人というではありませんか!

その名前とは・・・おじいさんの名前と伯母さんの名前とそして・・・猫の名前が!

私達はてっきり伯母さん一人のためと思っていたのですが、石を3つ選んだところからもう繋がっていたのか?

なんだか私までこれは使命だ!と思うようになりました。



ちなみに猫のミー子は、な、な、な、なんとなんと!伯父さん(当時3歳)がふざけて熱湯に入れたら死んでしまったんですって!えーーー!━(lll゚д゚lll)━ うう・・・猫ちゃん可哀相;;

伯父さん、未だにこのことが忘れられず悔いていたらしく・・・(;´・Д・)うんうんそうだね。。。 




ライグリーン




昨日はその墓碑代わりにする石に名前を彫りました。正確には殆ど書いたと行った方がいいかも。石二つは彫れたのですが、なにせ石なのでそれほど深く掘れず削ったといった感じ。全然薄くてよくわからないので結局はその上から白いペンで名前をなぞりました。


伯父さんも手紙に書いてくれましたが、とにかく無事に行って帰ってくること。


うちの母もみーさんのお義母さんもこんな時に!と心配しているのですが、旅行の手配をしたのは地震前だったのでもう行くしかないしみーさんが休みを取れるのが今しかないのどうしようもないのです。ともかく移植が延期になったというのも運命なのでしょう。


とにかく頑張って行ってきます!


無事、瀋陽に着いて3人の御参りが出来て無事に帰って来れますように。。。







ブログランキングに参加しています
無事に使命を果たして無事に帰って来ますように!と思ってくださった方~
1日1回愛の応援ポチしてくれたら嬉しいです!(*^ー^*) by しっぽな
     ↓         ↓        ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ     


2011/03/27 10:00 凍結胚移植に向けて(4回目)→移植キャンセル TB(0) CM(16) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告凍結胚移植に向けて(4回目)→移植キャンセル >> 弔いの旅へ。

Comment
お気をつけて~
こんにちは。こちらにもお邪魔してみました。
3つの石は、運命の石ですね。
おじいさま、伯母さま、そしてニャンコちゃんがきっと守ってくれると思います。
どうぞお気をつけて行って来てください。
そして帰って来てからの移植、どうかどうかうまくいきますように!!!

2011年03月27日 11:43 ゆかり子  URL 編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年03月27日 15:38 編集

しっぽなさんこんばんは。
三つの石、これは運命ですね。
みーさんはホントに優しいですね。
お二人はきっと護られていますよ。

気をつけて行ってきて下さいね。

2011年03月27日 22:33 ARIA URL 編集

気をつけて行って来てくださいね~^^

3つの石もそうですが、今回の全てが運命のような気がしてなりません。
ご主人のご先祖様を大切にすることって、とても大切な事だそうです。
きっと守ってくださいますよ^^

旅のお話しが聞けるのを楽しみにしていますね♪

2011年03月28日 18:12 でいりず URL 編集

今回の中国旅行。そんな事情があったのですね。
とてもおばあちゃん思いのみーさんですね。
遠く遥々、日本から供養の為にやってきてくれたみーさんとしっぽなさんに、
天国のおじいさん、伯母さん、そして、猫ちゃんもとても喜んでくださることと思います。
ご先祖を大切にするしっぽなさんご夫婦。
きっと次の移植のときにもご先祖様が見守ってくださることと思います。
気をつけて行ってきてくださいね。

2011年03月28日 21:05 オージー URL 編集

とてもおばあちゃん思いのみーさんですね。

2011年03月29日 04:56 アルル URL 編集

なにか運命を感じるような出来事がこの時期にあるなんて、みーさんと結婚したこととかいろんなことがつながってるってかんじるよね。
ほんとに供養しにきてもらって喜んでおられるし見守ってくださるね。
いつも一生懸命な二人の側にいてくださるよ~。
猫ちゃんもv-218
気をつけて帰ってきてね。

2011年03月29日 18:25 sako URL 編集

さきほどメールさせていただきましたゆーです。
初回にもかかわらず長いメールを送ってしまい、申し訳ないです。
今頃はもう、中国の空の下でしょうか?
他の皆様も仰っていますが、
私も運命的なものを感じました。
きっとすべてが繋がっているんですね。
気をつけて帰ってきてくださいね。
(*´∇`*)

2011年03月31日 03:55 ゆー URL 編集

ゆかり子さんへ
わーい、ゆかり子さん、こんにちは!拍手コメントにつづき、こちらにもコメントありがとう♪嬉しいです♪
無事に中国から帰国しました!
3つの石・・・やっぱり運命ですかね^^
瀋陽の昔の原風景の残る辺りまで行き、石を埋めてきました。
3人の魂が安らかに眠ってくれることを祈りながら。。。
移植のことありがとうございます。もっと身体作りなどをしようと思っていたのに・・ちゃんと出来てません;;
でも受精卵ちゃん達のことを信じて臨みますね。
 

2011年04月01日 19:05 しっぽな URL 編集

Tさんへ
Tさん、こんにちは~^^ ありがとうございます!
無事帰国しました~!

2011年04月01日 19:07 しっぽな URL 編集

ARIAさんへ
ARIAさん、こんばんは~^^
やっぱりARIAさんも運命の石って思いますか?
みーさんもビックリしていました^^
みーさんのおばあさん、おじいさん想いは凄いです^^;私なんてタジタジです(笑)
でもこれで3人が安らかに眠ってくれたらと思うと私も安心出来ます。
 

2011年04月01日 19:10 しっぽな URL 編集

でいりずさんへ
でいりずさん、ありがとう~^^
無事に行って無事に帰って来れて本当にホッとしてます。
そうですね。私も去年の手術辺りからこれまでに起きたこと色々運命を感じています。
ご先祖を大切にする気持ちっていいですよね。見守ってくれてるかしら^^ 私は祖父や祖母を早くに亡くしてしまったので祖父祖母孝行が出来るみーさんが羨ましくもあります。
今回の旅・・・いろんな意味で強烈でしたよー^^;また記事にするので待っていてくださいね^^
 

2011年04月01日 19:16 しっぽな URL 編集

オージーさんへ
オージーさん、無事帰国しました~^^
みーさんのおじいさん、おばあさん想いは凄いです。だから尚更おばあさんが段々弱っていく姿を見るのは私も悲しいです。少しでも今回の弔いの旅の報告を聞いて気持ちが楽になってもっと長生きしてもらえたらって思っています。
私の方の祖父・祖母は早くに亡くなってしまったので、みーさんが羨ましいです。親も段々年を取って来たし「孝行したい時に親は無し」にならないように、私も今のうちに出来る親孝行をしたいなと思いました。
移植も段々近づいてきました。悔いのないように精一杯頑張りますね^^
オージーさん、いつも優しい言葉を掛けてくれてありがとうです(*_ _)
 

2011年04月01日 19:27 しっぽな URL 編集

アルルさんへ
はい、みーさんはとても祖父祖母想いです。だからおじいさんおばあさんには長生きしてもらいたいです。

2011年04月01日 19:29 しっぽな URL 編集

sakoちゃんへ
え!?みーさんと結婚したことからずーっと繋がってるのかしらん?でも確かにみーさんと出逢ったのも運命を感じたし(〃´艸` )・・・やっぱりそういうのってあるのかしらね~。
瀋陽の郊外は何も無くて・・・当時もこんなだったのかなぁと感慨に耽ったけれど、、、でも何も無いお陰で墓石やおばあさんの写真や御札も埋めて来れたし、使命を果たせて私も一緒に行かれて供養出来て本当によかったと思う。
おばあさんも安心してくれたみたいだし、これで更に寿命が延びてくれたらいいなあ。いや、延びてもらわなくっちゃね^^ 猫ちゃんも許してくれたよね。3人で見守ってくれてるのかな。ありがと♪

2011年04月01日 19:40 しっぽな URL 編集

ゆーさんへ
ゆーさん、先程メールのお返事させてもらいました。全然長くても構いませんよ。私も長くなってしまいました^^; そしてこちらにもコメントくださって嬉しいです。ありがとうございます^^
ゆーさんも運命を感じてくださったのですね。そういうのってあるんですよね、きっと。
今回は地震の後だったので義母や実母には心配をかけてしまいましたが無事に行って弔いも出来て、無事に帰って来れて本当に良かったです。
これで祖母ももっと元気になってくれたらと願うばかりです。
あとは自分達のことを頑張りますね。
ゆーさんもお身体大切になさってくださいね (*'ー'*)
 

2011年04月01日 19:48 しっぽな URL 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/737-439bce9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。