スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

採卵(自然周期)4回目までのまとめ~誤診された!

〔過去日記/2006年4月〕
3回目の転院~生理がこない!!!の続きです。

生理が来ない間、お互いの実家への帰省あり、疲労による発熱あり、引越しあり の盛りだくさんの日々でした。

なんとか周期53日目頃から高温期に突入し、その後10日間(短いですね~><;)高温期があり、周期63日目にしてようやく待ちに待った生理が来てくれました♪人生でこれほど生理が来るのを待ち焦がれたことはありません!!!

その後予定通り、周期3日目に受診。今回は内服薬のクロミッドなどの排卵誘発剤も無しでの全くの自然周期、完全自然周期での挑戦です。FSHも下がって来てくれていてひと安心。
「これなら大丈夫でしょうから採卵に進みましょう」
と言うドクターの言葉が嬉しかったです。

ところで、この頃はまだ”この先生!”って自分の中で決めてなかったので次回予約を取る時は空いている先生に入れてたんです。だからこの周期は3人の先生に診てもらっています(採卵が又違う先生なので正確には合計4人です)。下記にホルモン値を表にしてまとめてみました。
D15でLHが急に上がってきていたので急遽、病院で切り替え注射を打ち、採れるかどうか?という状況でしたが翌日採卵できました。
≪ 4回目の採卵までのホルモン値の変化 ≫
 E2LHFSH卵胞サイズ内膜備考
D335.13.814.6
D746.56.0105.3 CA125値=125IU/ml
D11131.78.212/11/116.4他ドクターによる誤診(※1)
D13340.111.614/11
D1537022.415/1113.2PM12:00 HCG5000単位注射
D1615/118.2(※2)AM9:40 採卵1個
★排卵誘発剤は一切使用していません。
★卵胞サイズ、内膜サイズの単位はmmです。


注記 ※1) 女医さんによる誤診です。私には卵巣は左側にしかありません。そのことはカルテにも書いてあります。なのにこの女医さんは毎回両方とも診るんです。そして右側に何も見当たらないといつまでもグリグリするので毎回痛いです。最初は念のために何かの腫れ?とか、内臓的な事まで診てくれてるのかと思い、黙ってましたが、どうやら事前にカルテを見てないための思い違いだということに気付きました。それ以降、毎回
「私、右側の卵巣ないんです。」と言っています。(お願いだからカルテ見てぇ~;;)
ちなみに表にもそのまま書きましたが、この日は左2個、右1個、計3個と体温表に書き込んでありました。いい加減過ぎます!

私は過去なぜか女医さんにはいい印象を持ったことがありません。決して決め付けてるわけでもなく同じ女性なのだから気持ちがわかってもらえるだろうって思うのに、内情は正反対です。京都の女医さんでさえ不妊治療の経験があったのに私には合いませんでした。ましてこのクリニックの女医さんは治療経験があるかないかわかりませんが子供が二人います。尚更わかってもらえないのでしょうか。。。治療仲間にも事の外、評判が悪いです。なので、これ以降診てもらうのはもう絶対に止めました。

注記 ※2) 採卵の先生は曜日によって決まってるので患者側では選べません。採卵当日の朝の卵胞チェックはたいてい採卵担当の先生が診ます。この日は初めて診てもらう先生でした。内膜がものすごく薄くなってますね。前日と5mmも違いますよー!先生によってこんなにも測り方が違うと患者は戸惑ってしまいます~。(・´ω`・)

 採血・卵胞チェック(5日間)・・・・28,900円
 みーさん精液検査費用・・・・・・・・26,320円
 採卵・培養・精液処理・・・・・・・105,000円
 凍結費用・・・・・・・・・・・・・・・・・・52,500円

 合計・・・・・・・・・・・・・・・・・212,720円

2006/04/03 00:00 採卵/4回目(完全自然周期)→1個 TB(0) CM(0) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告採卵/4回目(完全自然周期)→1個 >> 採卵(自然周期)4回目までのまとめ~誤診された!

Comment
Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/71-f606766c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。