スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

耳管開放症。

歌手の中島美嘉さんがなった病気といえばもうご存知の方も多いことでしょう。


その名も【耳管開放症】

以前、ブロ友さんのブタこさんが取り上げていて、その症状を見たら

まさに私が長年患っていた症状と一致!


私も【耳管開放症】なのだと知りました。


※ 詳細についてはコチラをどうぞ。→耳管開放症



ラインブルー



実はもうかれこれ中学生の頃からの付き合いなのです。

ある年の運動会の応援で、みんなと一緒にかなりの大声で声援をしていた時、

耳がぐわわあああんとなり、あれ?

という感じで突然おかしくなりました。それから時々症状が出ていたのです。

特に生活に支障はなかったので親にも言わずそのまま放置していました。

まぁ学生時代はあまり気にならない程度だったのそれでも良かったのですが、働くようになると、夏の暑い日に限って症状が出るといった具合でした。

ある年に花粉症を発症したので耳鼻科に行ったついでに耳がおかしいことを初めてお医者さんに話してみました。

その頃(20数年前)はまだ耳管開放症という病名は告げられず(多分医者にもわからず)

「鼓膜が歪んでいるが、治しようがない。」

とだけ言われて帰ってきました。

インターネットもない時代。

若かった私は仕方ないと特に調べもせず以後そのまま今の今までずっと何も対処せず生活してきました。

人によって多少症状は違うようですが、私の場合、耳から入ってくる音は普通に聞こえるし(逆に昔から耳は良い方)、聞こえにくいということは全くないのです。ただ、自分の呼吸音や声が内側から響いて最高に離しづらく不快なものなのです。

ある時、頭を下に下げると症状が治まるということを発見しました。

でも歩きながらこれをするには靴紐を触るとか靴下を触るなどの行為をしてその不自然な振る舞いを誤魔化すしかありませんでした。

症状は誰かとの会話中にも起こるのですが、ただ黙って聞いているだけならまだ我慢できるのですが

「はい」「うん」などの相槌を打つのさえしんどいものなので、そんな時は
 
「鼓膜が歪んでてこうすると治るから気にしないでね。」

と断って頭を下げて治すということをしてました。知らない人から見たらかなり挙動不振ですよね。

最初の頃は突然頭を下げたりして大抵の人をビックリさせてしまってましたね^^;

中島さんの場合は両耳ということでとてもしんどいと思います。まして歌手という職業柄あんな症状では絶対に歌うことは出来ないと思います。それなのに数年前からとのこと。大変だったことと思います。

私はずっと右耳だけだったのですが、一昨年か去年辺りから左耳もなるようになってしまいました。両耳が同時になることはないのですが、先日とうとう両耳同時になってしまいました。


調べてみると

”急激な体重減少などで起こることがある”

とありました。

この夏、手術して体重が3キロ急激に落ちたことが原因かもしれません。(ちなみに体重は一応キープしてます。)

あと11月に入ってからはほぼ連日症状があります。一日中ではないのですが、その都度いちいち頭を下げるというのはとてもしんどいことで結構生活に支障を来たしてます。





ラインブルー




ちょっとこのままでは困るなと思い、先日ネットで調べて耳管開放症を鍼灸で治療している所があったので行ってきました。まあ、初回なのでなんともいえないのですが、それにしても・・・何も手ごたえが感じられませんでした。

お灸をお腹や耳にもしてくれたのですが、耳のお灸の場合、顔や目が煙たくならないような配慮として燃えない紙のようなものの一辺にテープが貼ってありそれを顔の目の横から頬に掛けて両側貼られます。
貼られるのはいいんですが、剥がす時がビックリでした。

貼るのは女性の受付兼アシスタント?の女性がしてくれて剥がすのは先生でしたがいきなり


ベリべリベリ~~~!



と剥がされたのです。

髪の毛の際ならまだしも、そこ、思いっきり顔なんですけど!おまけに左側なんて女性が瞼側に貼ったものだから瞼まで引っ張られて凄く痛いよー><;

「痛ッタタッタッ!」

と、言えばよかったのですが、言い損ねました。痛すぎて口をへの字に結んでいたからか? 後からでも言えばよかったと思いました。


先生は感じの良い先生だったのですが、そういうちょっとした配慮の無さ(もしかして一気に剥がした方が痛くないと勘違いしているのかも?)を感じられるともう行きたくなくなってしまう私なのでした。

まぁ、それだけではありません。。。肩の凝りなどは合っている鍼灸院だとその場でかなり軽くなるのですが、そこは全く軽くなりませんでした。

以前、交通事故の時にお世話になった遠隔針の治療院へは歩いて行かれる距離にあるので次回はそちらへ行ってみようと思っています。




ラインブルー





もし、この記事をご覧になっている方で耳管開放症の方がいらしたら、どのような治療をされているか参考のためにも教えていただませんでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。<(_ _)>




 只今、こちらの本の旅先を募集受付してます~♪ 

お母さんをえらぶ赤ちゃん

お母さんをえらぶ赤ちゃん

価格:1,260円(税込、送料別)



詳しくはこちらの記事を読んでね。
  ↓ ↓ ↓
『お母さんをえらぶ赤ちゃん』の旅先を募集します。

※ 応募される方は記事のコメント欄に応募する旨を書いてくださいね。個人情報は載せないでね。







ブログランキングに参加しています
耳治れ~!と思ってくださった方~
1日1回愛の応援ポチしてくれたら嬉しいです!(*^_^*) by しっぽな
     ↓         ↓        ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ     



2010/11/08 20:49 自分の身体のこと TB(0) CM(10) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告自分の身体のこと >> 耳管開放症。

Comment
若い時は先生に言われたら、
そう思っちゃいますよね・・・

2010年11月09日 00:14 タミリン URL 編集

早い時期に病院にいっているのに、治療方法が見つからなくて残念でしたね。
はやく症状が改善されるとよいですね。

私は時々中耳炎・外耳炎になることがあります。
主人は先天性の難聴があるので、専門医の定期健診を受けてます。

そうそう、ホワイトストーンという商品はご存知ですか?
水晶を耳の中に入れると体調が改善される、といううわさですが、耳の病気にきくかどうかはハテナ?です。

2010年11月09日 02:24 かえで@45歳の妊活日記 URL 編集

ごめんなさい。わかりません。

2010年11月09日 02:53 アルル URL 編集

しっぽなさん、こんにちはi-179
ぽんもニュースで中島美嘉さんがなったということではじめて耳管開放症という病名を聞きました。
しっぽなさんは中学生くらいからの付き合いなんですねi-201積極的に治療している施設が少ないとありましたが、何かよい治療法があればいいのになi-201
無知ですみませんi-240
顔のテープ・・・読んでいただけでも痛そうi-183そっとはがす配慮が欲しいですよね。

2010年11月09日 13:11 ぽん URL 編集

タミリンさんへ
そうなんです~。若い時は無知だったし今のように簡単にネット検索も出来なかったし諦めてしまいました。
でもこの病気は確実な治療法がないようで少々困ってます(´・ω・`)

2010年11月09日 15:33 しっぽな URL 編集

かえでさんへ
病名さえわからなかったので、サイトを見て症状が自分と一致していてこれだ!とわかった時は嬉しかったです。やはり原因や病名がわからないのって不安なものですね。でも多少のフワフワした眩暈なども原因がこの病気だとわかってからは「あ、まただ。」と軽く受け流せるようになったので気持ちも随分楽になりました。
かえでさんは中耳炎や外耳炎になってしまうのですね。。。それもお辛そうです;;
旦那様は難聴ですか?うちの夫も数年前に突発性難聴になってしまい春先になると繰り返してます。耳も大事な器官ですから心配ですよね;;

ホワイトストーンですか!?知らなかったので今検索してみました。
色々な方法があるのですねぇ~。
8月の手術前に友達が水入り水晶をプレゼントしてくれたので早速今それを耳に入れてみました。(笑)
ホワイトストーンは耳やオヘソに入れると体温上昇するとのことですが、お風呂に入ったり身体を温めると症状がなくなるのは確かです。この水晶が効き目があるかわかりませんがモノは試しで症状が出たらすぐに耳に入れてみることにします^^
情報ありがとうございました♪

2010年11月09日 15:47 しっぽな URL 編集

アルルさんへ
アルルさん、気にしないでくださいね。応援☆嬉しいです。

2010年11月09日 15:49 しっぽな URL 編集

ぽんさんへ
ぽんさん、こんにちは~^^
中島美嘉さんがなった病気ということで一気に知名度が上がった病気かもしれませんね^^
私は30年以上前になったのに、数ヶ月前に初めて知った病名でした。
でも病名がわかっただけでなんとなく安心というか原因がわかると人間それで納得するものなのかもしれません。
そんな、謝ったりしないでくださいね。コメント嬉しかったです(´ー`)
最近は連日症状が出てて生活に支障を来たしてるので困ってたんですが、そうでなければ長年の付き合いなので仕方ないかとなるんです。入院で体重が減ったのは嬉しいけれど変な副産物が出ちゃったようです><;
でも耳を温めるのが良いみたいなので極力耳を冷やさないように心がけたいと思います。

顔のテープ・・なんだか男性の先生ってこういう勘違いする方が多いように思います。鍼灸院などは治療&癒しの空間と思っているので悲しかったです。 

2010年11月09日 15:58 しっぽな URL 編集

耳管開放症
私は30年間耳管開放症でなやんでます。
耳鼻科に行って検査も色々してもらいましたでも異常なしでビタミン剤もらて飲んでも直りません。夏がとくにひどいです。もうあきらめました。一生つきあっていきます。苦しいです

2010年11月09日 19:30 URL 編集

名無しさんへ
コメントありがとうございます。 同じ時間開放症の方は周りにはいないのでコメント頂けて嬉しいです。
30年間というと私とほぼ同じですね~。
やっぱり夏がひどいというのも一緒です。そして私も耳鼻科での検査は異常なしでした。
ツライですよね。最近は頻繁に症状が出るので私も参ってました。毎回頭を下げてるとフラフラしてきます;;
明日、記事とは違う鍼灸院に行ってきます。それでよくなったら又ブログ内でご報告しますね。

2010年11月09日 19:56 しっぽな URL 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/672-2eb4d666

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。