スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

3回目の転院~生理がこない!!!

〔過去日記/2006年2月2日〕
採卵(自然周期)3回目までのまとめ。の続きです。

1月の採卵を終了後、みーさんも本格的にネットで色々と情報を集めてくれるようになりました。中でも漢方薬局のHPに細かい問診表がありそこに書き込むと答えをくれるというお店があり、早速書いて送信してみることに。そして丁寧な回答があったので興味を持ち、電話してお話を聞いてみました。気さくな感じのおばちゃんという感じの薬剤師さんで一度いらっしゃいと言われ行くことになりました。
家から約1時間でしたが、ちょうど鍼灸院と同じ方向だったので通うにも無駄がないので助かりました。
1時間くらいお話した後、
「一旦、全てのお薬をやめてみたら?」
と提案されました。私も去年の刺激法以来、種類も違うし量も少なくはなったとはいえ薬漬けのようになっていたので、それもいいかもしれないと病院からのお薬は一切やめることにして漢方を処方してもらうことにしたのです。

それから程なく、3回目の転院です。(現在のクリニックです)
転院ジプシーにだけはなりたくなかった私は、前から【最後の砦】と考えていた、臨床件数が非常に多く設備も整っているが治療費が高いと噂のあったクリニックへ意を決して行くことにしたのです。(実際は一件目のクリニックの方が高額でした)
HPのイメージと院長先生がかけ離れている人だったらイヤだなと思いつつ、みーさんと今までの治療暦の資料を持って行ってきました。
院長はHPと全く変わらない、むしろ更に感じがよく何よりその先生の発する空気というか雰囲気がとても良かったのを覚えています。私達の治療暦の資料をよく読んでくれてお話も本当によく聞いてくれました。
「しっぽなさんにはこういう方法が向いているかもね」
と具体的な治療方法も色々提案してくださり、先生の経験の深さが感じられました。みーさんも私も今までのドクターの中で一番信頼できるかもしれない、この先生なら任せられるかもしれないと強く思うことが出来ました。
周期3日目ではなかったですが、一応採血されました。
◆周期 5 日目。(2006年2月2日)
・採血結果・・・・
E2=14
LH=12.8
FSH=34.3
PRL=19.3
CA125値=63.2 IU/ml
FSHが通常はひと桁が理想だそうですが34.3もあり、院長先生はカウフマン療法を薦めてきました。この頃ホットフラッシュもあったので、う~ん!やっぱりそう来たか~と思いましたが漢方薬局の先生とも話した通りに伝えたところ、
「しっぽなさんの思うようでいいですよ、念のためお薬は出しておきますから気が向いたら○日頃から飲んでみてくださいね。」
とのことでした。医者の意見を強要しないなんとも余裕のある診察でとてもホッとしました。
そのあと8日後に又受診しました。

◆周期 13 日目。(2006年2月10日)
・採血結果・・・・
E2=18
LH=20.5
E2値が全然上がってませんでした。卵胞も見えないようです。まだ刺激周期の影響なのでしょうか・・・。
とりあえず、様子をみて、生理が来たら今度は3日目に受診の予約を入れるように指示され病院を後にしました。
そして2月末にはみーさんの実家、3月には自分の実家へ帰ったりと大忙しで風邪を引き体調も優れませんでした。
3月の初め頃オリモノ・乳首のハリがあったのでAIHまでしてもらっていた近所の婦人科へ卵胞チェックだけしてもらいに行ってみました。すると15.8mmのタマちゃんが!(*´∀`*)この時は自分の身体もちゃんとサインを出してくれるんだと嬉しかったです!周期35日目でした。しかしその後も体温は低く生理はなかなか来そうもありませんでしたが、カウフマン療法はせず次の生理が来るまでじっと待ちました。(;_;)

続きはこちら→採卵(自然周期)4回目までのまとめ~誤診された!


2006/02/02 10:00 体外受精/転院 TB(0) CM(1) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告体外受精/転院 >> 3回目の転院~生理がこない!!!

Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年09月05日 17:25 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/65-84e1d2c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。