スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

hCG注射後、体温上がらず病院へ。~院長先生からの希望あるお話。

またしても石垣島旅行記の途中ですが、治療経過のご報告をさせてください。



と、その前に記事が殆ど出来上がりタイトルを変えてエンターキー押したら記事半分以上消えました((泣)) やり場のない怒り沸騰中(▼д▼)う゛~! なんとか頑張って書きます。。






* * * * * * * * *


先週の周期18日目。 採卵スケジュールはキャンセルとなりました。

同じ日クリニックにてhCGの切り替え注射を打ってもらったので、翌日には排卵したはずでした。

ところが、3日待っても体温が一向に上がらない。


いつもならhCG打ってから遅くても2日目には、≪プロゲステロンクリーム≫と≪エストラーナ≫で高温期に移行している時期です。

やはりタマゴちゃんが12.6mmで小さかったので、いくらLHサージが来ていてもうまく排卵できなかったのではないか? とするとルフになってしまう(汗)

それは困る!

ってことで切り替え注射してから3日目の21日(金)にクリニックのA先生に電話で問い合わせをしました。

体温が上がらないからといって排卵してないとは限らないので、処方してあるエストラーナを貼ってあと少し様子を見て、それでも体温が上がらなかったら又連絡するように、とのことでした。

その後待てど暮せど体温は36.5度以内を行ったり来たり。

昨日の火曜日、レーザーの予約を取っていたのでついでに診て貰う事にしました。

ところが!A先生はお休み!(@∀@;)

仕方ないので院長先生に診てもらいました。


* * * * * * * * *



[2009年 8月25日(火) 周期 25 日目] 採血なし。


院長先生とは転院してから初めてお会いします。もちろん診察やエコーも初めて受けます。

想像通りとっても物腰の柔らかな安心出来る先生でした。


時にはA先生以外の先生に診てもらうのもいいかもしれませんね。

A先生の意見とは違うけど、色んなお話が聞けました。忘れないうちに下記にまとめてみました。



 【超音波結果と体温について】
●ルフにはなってない。排卵して出血があったようだ。でも、もしかしたらチョコレート嚢胞かもしれない。


●ルフでも体温は上がる。


●腺筋症(49mm)が後壁にあり。その横に25ミリ位のもあり。子宮の前に筋腫みたいな腺筋症小さいのあり。 (電子カルテにイラストも書いてくれました)


●腺筋症があるので生理の量は多くなってるのでは?と言われたので、私が少なくなってきてると言うと、内膜が薄くなってきてるのではとのこと。


●今回、体温上がらないのは≪プロゲステロンクリーム≫の効きが弱くなってきてるのでは?なので今回は≪ノアルテンD 2t/1d 5日間≫飲んでちゃんとリセットさせた方がいい。






 【今後の方針とその他のお話】
●腺筋症を持ってる人は着床さえすれば割と上手く(出産まで)行く人が多い。


●過去にしっぽなさんより酷い腺筋症の患者さん(37、8歳)が自然周期で分割胚移植で妊娠→出産した、さらに二人目を40歳で妊娠→出産した、というケースもある。


●うちのクリニックのデータだと、40代の妊娠率は30%くらい、でも45歳位だと十数パーセントになってしまう。 と言うことは 6、7回移植して一回妊娠する っていうこと。 だからうちで2回位移植してダメだったからと言って妊娠出来ないことない。(以前、私がここで2回移植してもかすりもしなかったことを言ったらこう答えてくれた。)


●僕は前核期胚で凍結して貯めて行った方が移植方法や可能性が広がると思う。


●偽閉経療法(移植前に腺筋症を小さくするため)したら、そのまま閉経してしまうかもしれない・・・それが怖い。





* * * * * * * * *




最近、タマちゃん貯金が順調ではありません。それどころか、ホルモン値や体温までもおかしくなってきていたので、自信がなくなっていました。 だから今後の方針を悩み始めた私に院長先生は↑のようにひとつひとつ丁寧に答えてくれました。


その中で↑の”2回移植してダメだったからと言って諦めるのは早い”みたいなことを言ってもらえたのは今の私にとって凄く嬉しかったです。


ただ、移植どころか、採卵や凍結もままならない状態なのでこれからあと4、5回の移植もハードル高そうだけど、身体がタマちゃんを作り出してくれる限り、私も諦めず頑張ってやって行きたいと思います!


それから凍結のことも、院長先生の意見と一緒でした。

というのも、このところタマちゃんの様子がご機嫌斜め?だし培養しても胚盤胞まで行ってくれないので、今後の方針を先日もみーさんとも話し合った時、これからは前核期胚での凍結にしようかと言っていたのでした。だからA先生に一度このことも言っておかなくっちゃ。




* * * * * * * * *




でも、ひとつ気がかりなことが。。。

A先生は儀閉経療法についてはしっぽなさんが思っているよりも卵巣機能低下はしないのではないか、という意見。 
一方、院長先生は↑にように機能低下を危惧している。 多分沢山の患者さんのデータがないからなのだろうけれど、同じクリニック内で意見の違うことを言われても、患者としては困ってしまう。

どちらの意見を選んだらいいのか・・・。

このことについてはしばらく悩みそうです。

もし儀閉経療法の経験ある方(30~40歳代で)がいらっしゃいましたら、是非お話を聞かせてもらえたら助かります!m(__)m どうぞ宜しくお願いいたします



ともかく、次の周期は良いホルモン値になりますように( ̄人 ̄)





ブログランキングに参加しています
次周期頑張れ~☆と応援してくださる方~
1日1回愛の応援ポチしてくれたら嬉しいです!(*^_^*) by しっぽな
     ↓         ↓        ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ     


2009/08/26 17:14 採卵/43周期目(完全自然周期)→スケジュールキャンセル TB(0) CM(6) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告採卵/43周期目(完全自然周期)→スケジュールキャンセル >> hCG注射後、体温上がらず病院へ。~院長先生からの希望あるお話。

Comment
参考にならないかもしれませんが・・
お久しぶりです。
私は36歳で参考にならないかもしれませんが、偽閉経療法のスプレキュア1回またリュープリンを過去3回ほどやったことがありますが、内膜症による腫瘍は小さくなりましたが、腺筋症は全く小さくなりませんでした。しかも私だけかもしれませんが、歳をとるにつれリュープリンの副作用が強くでました。

また私自身、腺筋症が大きくなったので4月に唯一腺筋症外来がある病院で腺筋症の核出術を受けてきましたが、そこの先生もホルモン療法ではなかなか腺筋症が小さくならない人が多いとおっしゃっていました。

実際使ってみないともちろんわかりませんが、半年間生理を止めるので、卵巣の加齢も考えて慎重に決断されたほうがいいのではとも思います。

2009年08月27日 10:25 cherish1010 URL 編集

cherish1010さんへ
cherish1010さん、お久しぶりです~^^ また来てくださってありがとうございます♪
cherish1010さんはスプレキュア1回とリュープリンを3回されたのですね。内膜症には効いて腺筋症には殆ど効かなかったのですか・・・。

>歳をとるにつれリュープリンの副作用が強くでました。

私もチョコレート嚢腫の手術に到るまでに数回やったのですが、40歳の時の初めてのIVFクリニックの院長から過去のリュープリン治療によって卵巣年齢が高くなってると言われてしまったんです。cherish1010さんの副作用はどんな感じだったのでしょうか?私の場合はその期間はホットフラッシュが酷かったです。何かのきっかけで汗をかくとその後、異常な程汗をかいて恥ずかしくなるほどでした。

腺筋症外来の先生がそう仰っててcherish1010さんさんも効果がないとなると・・・やはり慎重に進めないといけないですよね。

今度移植する前にする方法は3ヶ月だけということなんです。とすると尚更あまり効果が期待出来ないかもしれませんね。その時になったら先生にもう一度じっくり話しを聞いてみたいと思います。
cherish1010さん、色々と教えてくださってありがとうございました。とても参考になりました。m(__)m

2009年08月27日 14:57 しっぽな URL 編集

こんにちは。
はじめまして。
私も同じく不妊治療をしている、43歳です。

30歳後半になったあたりから内膜症がひどくなり、
子宮筋腫とチョコレート嚢胞、腺筋症の再発を繰り返し、
3回の手術と7~8回の儀閉経療法を受けています。
癒着がひどく、不妊治療も難航しています。
ことあるごとに、リュープリンを使用して
生理を止めて患部を小さくして手術を免れていました。

不妊治療を始めてもう4年目になるのですが、胚移植まで
こぎつけたのは2回です。いずれも着床には至りませんでした。
採卵しては、内膜症が悪化して、手術か儀閉経療法で様子見。
の繰り返しなんです。

40歳代になってからは、儀閉経療法を3回やっています。
個人差が大きくあると思うのですが、副作用は40歳代になってからも
ありませんが、30代とは薬の効き方も戻り方も違いました。
30代-----リュープリンを打った次の月から生理が止まり、やめた月から生理が始まっていました。
40代-----リュープリンを打って翌々月から生理が止まり、やめた次の月から生理が始まっていました。
と効きが鈍くなっています。

卵巣機能の低下ですが、儀閉経療法を行う前に採卵した時と、
儀閉経療法を半年した後カウフマン法で3ヶ月ホルモン治療を行った後
採卵を行いましたが、採れた卵の量も質も大差はありませんでした。

長々とすみません。

しっぽなさんの参考になれば、幸いです。

2009年08月27日 15:14 bon URL 編集

bonさんへ
bonさん、こんにちは^^ 初めまして。ご訪問&コメントありがとうございます。(*^ー^*)
bonさんも筋腫、内膜症と腺筋症でご苦労されてきたのですね。。。それも3回も手術をされたなんて!・・大変でしたね;; 今も生理痛など酷いのでしょうか? 

bonさんの場合、採卵して内膜症が悪化してしまうんですか?!どうしてなのでしょう・・・注射や内服薬の誘発剤をされてるのでしょうか? うーん、、、お辛いですね。。。
うちのクリニックの先生談ですが、注射よりもクロミッド等は卵巣機能の低下を招くそうです。なので私のような患者にはお勧めしてないみたいです。 逆にノアルテンDなどのピルは内膜症を小さくする作用があるそうです。と言っても採卵後7~10日くらいの服用ではさほど変わらないみたいですが。。(←私の場合ですが。)

・・やはり年齢が高くなるにつれ、効き方に差が出てくるのですね。。慎重にしないといけないですね。

色々と具体的に教えてくださって大変参考になりました。
夫や先生とも更に話しをして後悔のない選択をしたいと思います。
bonさん、沢山書いてくださって嬉しかったです。内膜症や腺筋症の辛さはなった本人でしかわからないものですものね。でもこうしてbonさんの体験談を聞かせてもらって、bonさんのように頑張ってる方もいらっしゃるんだと知っただけで凄く励みになりました。これからもお互い赤ちゃんが来てくれることを信じて頑張って行きましょうね。本当にありがとうございました。

2009年08月27日 23:43 しっぽな URL 編集

しっぽなさん、こんばんは!
私は37歳ですが、過去に2クールリュープリンを経験しました。
でも腺筋症患部が小さくなったのは、わずか1cm程度でした。副作用は、関節痛がひどく立ち上がるのもやっとで、お年寄りのように過ごしてました。
卵巣機能の低下などの副作用があるとは初めて知りました。その時医師から何の説明もありませんでした。
ただ、採卵数などに影響したかといえばそうでもなかったように思います。ショート法で10個採卵して5個胚盤胞まで育ちました。
的外れな書き込みだったらすいません!

2009年08月30日 18:39 モンチャック親分 URL 編集

モンチャック親分さんへ
モンチャック親分さん、こんにちは^^ お返事遅くなってごめんなさい!><;
そっかぁ・・・、モンチャックさんも腺筋症はそんなには小さくならなかったんですね。。。(´・д・`;)しかも副作用がそんなに酷かったなんて大変でしたね;;
卵巣機能の低下については、ドクターによって意見が別れてるみたいなんですよね。だから私も困惑してます。過去の内膜症治療した時のドクターからは一切その説明がなかったんです。言われたのは「副作用は、ホルモン剤だから人によっては太るかもしれない」くらいでした。

え!リュープリン後でもモンチャックさんは10個中5個が胚盤胞まで行ったんですね!それは凄い!!!モンチャックさんの卵巣さんは優秀だー♪\(◎o◎)/!
・・・とすると、やっぱり人によって違うのでしょうかね。。。

色々教えてくださって参考になりました。モンチャックさん、ありがとうございました!(´∀`)

2009年09月02日 14:43 しっぽな URL 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/485-49949ce6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。