スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

ショックな出来事(その2)~最大のリスク!?(またしても長文)

こちらの記事のつづきです。(お時間がありましたら、から先にお読みくださいませ。)



〔以下、過去日記です。〕



診察室を少しだけ晴れやかな気分で出てロビーへ戻ると、更にお友達が数人集まってました。凄い偶然!いつもはこんなに知り合いが同じ日に診察なんて滅多にないのに。。。これも神様の思し召し?



A先生との話をかいつまんで話した後、嘆願書を作成しようと思うから協力して欲しいと告げました。


しかし!


そこで、ある方に思いもよらぬことを言われました。


胚の輸送のリスクを指摘されたのです。


え!?


A先生は○○病院の院長に掛け合ってくれたっていうぐらいなんだし、問題ないんじゃ?



その方の話しを聞いてみると胚輸送にはリスクがつきもののようです。


そう言われたらそうかも・・・。


クリニックでは巨大タンクで一定温度、耐震装置、厳重に管理されている。


それを運ぶってどうやって?


あれれー?どうやって運ぶんだろう・・・?


確かにリスクなど考えずに嘆願書のことだけが先走りました。


リスク・・・。


胚。。。



それは私達にとっては命とおんなじ!


絶対に何かあったでは済まない!



嘆願書作って簡単に署名してとは言えないのかも。。。


それに何かあったらどう責任取る?責任は個人個人なのかもしれないけど、発起人の私のせいでもあると考える人もいるかもしれない。


責任なんて取れない。。。


どうしよう。。。


 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

答えは出ない。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

この後、とりあえず家に帰ってみーさんに相談しようと思い、もし何か形にしたら協力してくれるというみんなの声を聞きながらその時は帰りました。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・



******************




みーさんが帰宅後、今日A先生と話したこと、嘆願書のこと、全部話しました。 その後もあれこれ沢山沢山話しました。

みーさんは胚輸送のリスクということをネットで調べまくり、全然問題ないみたいだし、胚輸送が出来るのならそれが一番ベストじゃないかと言います。

でも私としては、もうかれこれ1年8ヶ月かけて貯めてきた凍結胚ちゃん達6個を危険にさらすのはイヤだった。 ましてやっとなってくれた貴重な貴重な胚盤胞ちゃんもいるのだ!何かあったらと思うととてもじゃないけど、怖くて怖くてそんなリスクを背負えないよーーー!

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
みーさんは、胚輸送してA先生と一緒に転院が一番いいんだけどな、と言いつつも、

「しっぽなが一番いいと思うのは何?」と聞いてくれます。

「胚輸送のお願いをした場合、協力してくれた人達の胚に何かあっても責任取れない。。。やっぱり私はA先生が移植まで・・・せめて今年いっぱいでも今のクリニックに留まってくれるのが一番いい。」

と答えました。

「じゃあ、それで行こう!」


作戦変更です。


まず、A先生が異動するのを中止にするのは無理だろうということ、そして異動するとしてそれを延期、または徐々に週数回のペースを最低週一くらいにシフトして行って欲しい等々、とにかく異動の話しがあまりに早急だったので何らかの緊急措置を取って欲しいという内容でみーさんと何時間もかけて言葉を選びながら嘆願書と署名用の用紙も作成しました。

署名用の用紙はコピーして150人分用意しました。そんなに集まるはずないだろうけど一応ね^^;


でももし、この内容で署名してくれる人が集まらなかったら・・・


はたまた理事長が嘆願書を受け取ってくれなかったら・・・




最悪のことも考えてしまいます。


でもとにかく万全を期すということで個人的にも嘆願書を作成しました。ほぼ同じ内容ですが、もっと切羽詰った内容にしました。実際切羽詰ってるので^^;


だけど、嘆願書を作成したはいいけれど、今回の異動はA先生にとっては栄転なのです。


それで、嘆願書の内容が当初考えていた胚輸送のお願いではなく、A先生残留のお願いが入っているので、まずそのことがA先生のキャリアプランに影響してくると今度はA先生自身に迷惑がかかってしまうのでそのことの許可を得なければいけませんでした。




******************




翌々日のD8、タマちゃんチェックの日、個人の嘆願書と署名用の嘆願書を持ってクリニックへ向かいました。

この日も、やはり、、、、

タマちゃんのことよりも署名してくれる人はいるだろうか?

知らない人にお願いは出来ないし知ってるお友達が何人くらいその日に来るのかわからないし~!


と、とても不安でした。 

そうそう!何より土曜日だというのに頼みの綱のみーさんは一人で帰省していたのでした!(この帰省も今年の夏休みは思う存分旅行へ行こうということでGWは帰省に当てたのですが私が通院が入ってしまったのでみーさん一人で帰ってもらいました) この時ほどみーさんに一緒にいて欲しいと思ったことはなかったなぁ。


ひとりぽっちは本当に心細かった。


不安で不安で堪らなかった・・・。


でも!


クリニックに着くと偶然にもお友達が数人いて、そのまたお友達もいて嘆願書を見せると早速みんな署名してくれたのです♪ あ~よかったぁ♪(;;´O`)=ε3 でもまだA先生にも言ってないので、あくまでも内密に。。。と言ってもこういうものは内密にやるもの?よね。



******************




D8のタマちゃんはやはり前回に比べて1mmしか育ってなくて・・・でも意外にもE2が伸びてたのでホッとしました。 


そしてすぐにA先生に個人の嘆願書と署名用の嘆願書を見せました。

A先生はキャリアプランは関係ないし大丈夫ですよと言ってくださり、OK。
あ、と言ってもあくまでも患者有志の嘆願書です。


そして又ロビーへ戻りみんなで今後の話し合いを。


何人かが署名運動に協力してくれるということで数十名分の用紙を預けました。

そしてそれらはしっぽな家に郵送してもらうようにしました。前の晩、みーさんとどうやって回収するかなども話した結果、切手を貼った封筒を数枚用意して行ったのでした。(ちなみにこういう場合書類は折らない方がいいので封筒も大きいものです。)



はぁ~これで今日の私の仕事は無事終わった!みんなに感謝♪


とホッとしたところで・・・


その日、思っていた以上に順調に進んだことで私は浮き足立って暴走してしまったのです。



なんと、会計待ちで隣に座っていた人に声をかけちゃったのです。



「A先生の異動のことご存知ですか?」と。


ご存知だったので署名をお願いすると快く書いてくれたのでした。しかも二組も♪


人数が増えて喜んでいると、会計に呼ばれました。 
私は会計終了後、持ってきた個人の嘆願書(こちらはお手紙のような感じで封筒に折って入れました)を会計をしてくれたそのスタッフさんに

「これを理事長さんに渡してください」

と頼みました。


「わかりました、お渡ししておきます。」

と受け取ってくれた受付&会計のお姉さん、続いてこんなことを言って来たのです!




「先ほどあちらの方に何を見せてらしたのですか?」



ぎょぇっ!!! (゚o゚;; (汗)


暴走していた私の行動をしかと見られてたーーー!!!


ひ、ひえ~~~っ!





つづきます。。。



ごめんなさい。あと数記事続くことになりそうです。(汗)




【お願い】

私はこのしっぽなブログでは、自分の通っているクリニック名は伏せてあります。 でもこの記事を読んで、もしかしたら”私のクリニックのこと?”って思う方もいらっしゃるかと思います。 でも、どうかそっと見守っていてください。 そして固有名詞(先生の名前、クリニック名)などの書き込みは控えてくださいますようにお願いいたします。 もしも、第三者の方(クリニックも含めて)にご迷惑がかかりそうなコメントがありましたら申し訳ありませんが、こちらの判断で削除、もしくはその部分は伏せて投稿しなおしさせていただきます。 あ~偉そうにすみません。コメントが頂けたらの話ですが・・・^^;





ブログランキングに参加しています
この記事がよかった!!!と思ってくださった方~
1日1回愛の応援ポチしてくれたら嬉しいです!(*^_^*) by しっぽな
     ↓         ↓        ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ     


2009/06/10 16:02 ショックな出来事 TB(0) CM(4) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告ショックな出来事 >> ショックな出来事(その2)~最大のリスク!?(またしても長文)

Comment
1と2読んだよー。
なるほどたいへんだったね。しっぽなちゃんの心情お察ししますv-12
とにかくたまごちゃんに関係することだろうなと思ってたんだけど、先生の異動とは…。
ちょうどお知り合いの方がたくさん周りにおられて少しすくわれたんだね。さすがその後の行動力はやるなー!私なら泣いてあきらめてるかも…。
そういうところ、あきらめないところはだーくんに似てるねー。
ほんとに困るならやってみないとわからない!っていつも言われる。
行動に移したしっぽなちゃん、尊敬するわ、ほんとに。
この後におよんで計画が崩れるのは考えられないよね、私たちにとって今がどんなに大事か。
また続き読ませてもらいますね。

2009年06月10日 17:59 sako URL 編集

sakoちゃんへ
sakoちゃん、長文記事読んでくれてありがとうー!!!
うんうん、まさか異動だなんて考えもしなかったから 聞いた時はK.Oされたみたいだったよ。
それにこの話しを決めた理事長を恨んだこともあったわ。なんでこんな大事な時にーv-359あと少しなのにー!v-356って。
だけど、そうそう、お友達が協力してくれて本当に助かったんだ!
それにみーさんが協力してくれて一緒に嘆願書作ってくれたから頼もしかったよ(〃´ω`)ゞ
私、だーくんと似てるのね^^ でもだーくんよりもしつこいかもよん(笑)とことんやらないと諦めないから~(´∀`;)
続きまだまだあるけど読んでくれたら嬉しいよ~。

2009年06月10日 18:15 しっぽな URL 編集

しっぽなさん、1,2と続けて読みました。
A先生の異動、とてもショックですね…
一番良いのは移植の時にA先生が今の病院にいてくれる事。
A先生の患者さんはみんな同じ思いではないでしょうか。
しっぽなさんの熱い想いがが伝わって、嘆願書が通るといいですね。
しっぽなさんの行動力にとても尊敬します!
署名がたくさん集まって、院長先生にも想いが伝わりますように…
続きが気になるなぁ~

2009年06月10日 20:04 オージー URL 編集

オージーさんへ
オージーさん、長文読んでくれてありがとう!ネット環境・・読むのは大丈夫なのかな?

そうなのです!もう本当にショックでショックで・・・タマちゃんどころじゃなかったです(;_q))
A先生の異動があるとしても、せめて今年一杯とか私の移植までいてくれたら文句はなかったのに・・・。
きっと同じように困った患者さんが沢山いたと思います。
嘆願書のことなど、また記事にするので続きよかったら読んで下さいね。

2009年06月11日 16:02 しっぽな URL 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/453-ef5e40f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。