スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

閉経後の方が着床率が高い理由/周期7日目

* * * * * * * * *


[2009年 2月7日(土) 周期 7 日目]

本当は今日の予約は一旦キャンセルして来週の月曜にしてもらったのです。 土曜日ということもあり、みーさんとゆっくりしたかったし、今までD3の次は大概D9のチェックで大丈夫だったから。 でもD3でタマチャンが6mmあると、D7に診るというパターンをA先生は選んでいたみたい。

ところが、D4からあまりにも連日のヨロコビ系が多く、やっぱり心配になってもう一度予約を取り直したのでした^^;

せっかくのいいホルモン値の周期に、節約&休養を選んでしまったがために、万が一(排卵とか)のことがあっては泣くになけないものね。


以下、結果です。


◆超音波検査・・・ タマゴちゃん ひとつ・・・12mm

◆採血結果・・・・
E2=201 
LH=5.9 

◆内膜・・・5.7mm

◆腺筋症・・・Φ4.7cm


おほっ♪

やっぱりタマチャンすくすく育ってくれてた♪

やっぱりヨロコビ系は伊達じゃなかったd(≧c_,≦*)。



              



今日は、タイトルにも書いたように閉経後と着床の関係について、A先生からまたひとつ嬉しい(?)報告を聞いたんです。

それから、今後、腺筋症持ちの私が移植をする場合について、今一度確認したことも一緒に書いておきます。

 ダナゾールは点鼻薬もあるが、内服薬で行う。 (詳しい理由は聞きそびれたのでいずれ聞くことにします)


 同じように偽閉経療法(内膜症の治療などで)で使われるリュープリン(注射)との違いとは・・・

◎ リュープリンは直接脳下垂体に働きかけ、FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)を抑える。

◎ ダナゾールはあたかもホルモンがあるかのように見せかけて脳から性腺刺激ホルモン(FHSとLH)の主にLHを抑えることでエストロゲンを出さないようにする。リュープリンに比べて間接的でマイルド。



 この先、半年に一度や一年に一度など、タマゴが段々作られなくなるとしたら、タマゴ貯金などと言ってないで移植した方がいいのか?→ そんなことはない。 なぜなら・・・

閉経後の女性の方が着床率は高いから!(※注1)

これは閉経するとエストロゲンが出なくなることと関係があるらしい。 どうやらエストロゲンが着床の邪魔になっているかもしれないという説があるそうだ。 そういった理由でホルモン補充周期で移植する時に点鼻薬を使用しているとのこと。
 (※注2)

※注 1.) A先生が仰ったことなので、うちのクリニックのデータだけかもしれません。そして何歳くらいの方を対象としたデータかは聞き忘れました。多分高年齢と言われる方が対象なのかな~。

※注 2.) こちらも私の通うクリニックの話だけかもしれないし、ポピュラーな方法かもしれません。 ああ・・、A先生にちゃんと確かめればよかったですね。。。 今度着床率の話と共に確かめてきます。



それと、最後に 「ダナゾールは、しっぽなさんが思っている程、酷い卵巣機能の低下を招くわけではないですよ。」 と教えてくれました。


私としてはもうこれが最後の移植!と覚悟を決めた上でのお迎えとなるのだろうと思っていたので、この言葉は救われたような気がしました。


でもそうは言っても何度も挑戦出来るわけではないから、お迎えする時には覚悟を決めないと!と思ってるんですけどね。。。それに「更に高い年齢での妊娠となった場合、合併症などの心配が出てくるのもあるんだけどね」ということもA先生に言われましたしね。^^;


なにはともあれ、近いうち、これ以上タマゴ貯金が出来なくなったら移植を先延ばしにしてはいけないのだ、と思っていた私としては、安堵感とこのお話を教えてくれたA先生への感謝の気持ちで一杯でした。heart01 


もちろん、そうそうのんびりは出来ないだろうけど・・・。

あ~、、でもこれだけホッとしたってことは自分でも知らず知らずのうちに気持ち的に余裕がなくなっていたのかな。。。(´∀`;) 焦らない焦らない。。。


今はとにかく今お腹で育ってくれてるタマチャンを育ててちゃんとみーさんのタマタマ君と出会わせてあげなければ!!!


頑張ります!!!


次回は月曜日の受診です♪



              


【追記です】 ’09.2.10

(※注 1) に関してはうちのクリニックに限ったことではなく、一般的なお話のようです。
詳しくはこちらの記事をご覧になってくださいませ。




ブログランキングに参加しています
絶対絶対採卵成功して凍結胚が確保出来ますように!と応援してくださる方~
1日1回愛の応援ポチしてくれたら嬉しいです!(*^_^*) by しっぽな
     ↓         ↓        ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ    




2009/02/07 23:55 採卵/29回目(37周期目)(完全自然周期)→1個→培養→胚盤胞ならず TB(0) CM(12) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告採卵/29回目(37周期目)(完全自然周期)→1個→培養→胚盤胞ならず >> 閉経後の方が着床率が高い理由/周期7日目

Comment
これは嬉しい情報ですねv-352
女性の体って本当色んなホルモンが働いているんですね~勉強になります

移植は焦らずにたまごちゃん貯金がしっぽなさんの目標に達成したら
体をしっかり整えて移植に望んでくださいね!
今月のタマちゃん、頑張って育ってくれるといいですね!

2009年02月08日 09:03 オージー URL 編集

オージーさんへ
そうなんです!いつまでも凍結しているタマゴちゃん達を待たせるわけにはいかないだろうけれど、まだ焦らなくていいんだ、って教えてもらって嬉しかったです。
なぜ閉経後の女性の方が着床率がいいのかは不思議ですけど、妊娠って本当に神秘の世界ですものね。
これからも希望を持って進んでいきますね♪^^

はい^^ 今お腹にいるタマちゃん、元気そうなので、最後まで頑張ってくれるって信じてますv-432

2009年02月09日 11:22 しっぽな URL 編集

こんにちは!
これは嬉しい事ですね!!

余談ですが、Jinekoの知り合いの方が、閉経後に妊娠しましたよ!
自分でも、ミラクルな事でビックリと言ってました!
いくつになっても、女性という事を忘れずにいることは大切な事なのよ!と彼女は言ってました。
気持ちとホルモンはとても深いつながりがあるんですね。

しっぽなさんのたまちゃんも、頑張って育ってくれますように!!

2009年02月09日 11:46 Jineko URL 編集

そうなのか~
閉経後の方が妊娠しやすいなんて!
だったらやっぱり卵貯金は必要よね…。
私してないし…。
でも前にクリニックの先生が今のうちに貯めておいて閉経後にでも移植できるから、と言ってたのを思い出したよ。
やっぱりそれは“あると思います!”なのかも~~♪
今日よいこたまちゃんどうだったかな。

2009年02月09日 14:21 sako URL 編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009年02月09日 18:19 編集

すごいですね!
しっぽなさんの記事はいろいろと参考になります。
早くしないとタイムリミットが。なんてあせっていましたが、卵貯金という考え方があったなんて目からウロコでした。
そういえば、海外のニュースで高齢の女性の出産が話題になりましたよね。納得です。
なんだか、希望が持てました(*^^*)

2009年02月09日 19:35 ばーまん URL 編集

こんばんは~
すごくうれしいお話ですね☆
閉経後の方がいいなんて、励みになりますよね♪
ホルモンって、女性の体に様々な働きをするんですよね~。
だからホルモンバランスは極力崩さない…
それくらいしか今の私には出来ないけど
でも今自分に出来ることを頑張りたいなぁ~って
いつも思います。

しっぽなさんも焦らずに、今できることを頑張りましょうね☆

2009年02月09日 21:37 シュリナ URL 編集

Jinekoさんへ
えええーーー!w(*゚o゚*)w
Jinekoさんの知り合いの方は、閉経後に妊娠されたんですか!?それは凄い!
すっごく励みになります!!!
Jinekoさん、教えてくださってありがとうです♪

>いくつになっても、女性という事を忘れずにいることは大切な事なのよ!と彼女は言ってました。
>気持ちとホルモンはとても深いつながりがあるんですね。

ふむふむ・・・ホントそうなのですね~。気持ちひとつで如何様にも変わることってありますよね。私もその方を見習って頑張りますねo(^-^ o )

タマチャンへの応援もありがとうございます!体調整えて頑張りますね!

2009年02月10日 19:47 しっぽな URL 編集

sakoちゃんへ
うん、女性の身体ってホント不思議だよね~。
これからも焦らずタマチャン貯金していけるよ~♪よかった♪
あ、sakoちゃんの先生も同じように仰っていたんだね。
今日もA先生に聞いてきたけど(記事にも書き添えとくね。)、この話、一般的なことらしいの!
だからsakoちゃんもタマゴ貯金しておくのも手かもよん♪
よいこたまちゃんね(・∀・)、後で又記事にするね~。

2009年02月10日 20:08 しっぽな URL 編集

秘コメさんへ
秘コメさん、そうでしたか・・・とても残念です(/。\)
でもこうしてわざわざご報告に来てくださってありがとうです。その後とても気になっていたので・・・。でもまた前進!という秘コメさん、偉いです!
これからもお互い腺筋症に負けずに頑張っていきましょうね!!!

ピル(ノアルテンD)は、私の場合、毎回採卵後に服用していたのですが、ずーっと服用しているのもどうかな?と思い、今は天然プロゲステロンクリームを個人輸入して買って、それを高温期に塗っています。(クリニックの先生に相談済みです。このクリームの記事もありますので、良かったらサイドバーのカテゴリーから見てみてくださいね)
そして採卵まで行けなかったりした時には、ノアルテンDを処方されるので服用しています。
確かにピルが腺筋症や内膜症を抑えるようですが、飲まないと悪化するとまでは、うちの先生は言ってなかったと思うんですが・・・う~ん、悩みどころですね。。。
あとは、以前私が飲んでいてCA125の値が劇的に下がったものにルミンAという薬ああります。こちらも過去記事があります。
もし良かったらこちらも読んでくださると少しは参考になるかな。。。

http://sipponayo.blog100.fc2.com/blog-entry-203.html

このルミンAのこと主治医の先生に相談して見ては如何でしょうか。

あと、私の場合、お休み周期っていうのは実質採卵キャンセルになったりとかタマゴが出来てない時なので、そんな時は大概カウフマン療法を薦められてやっています。

ブログアドレスありがとうございます♪あとでゆっくりお邪魔しますね~ヽ(*゜∀゜*)ノ

2009年02月10日 20:26 しっぽな URL 編集

ばーまんさんへ
ばーまんさんもタイムリミットのことで焦るお気持ちあったのですね。焦りは禁物なんて言うけど時間との戦いだ!なんて思うと難しいものですよね。
でもこの話を聞いて私も安心したんです。私の場合、タマゴ貯金を始めたのは、やはりこれ以上卵巣機能が低下する前に一つでもタマゴを先に採っておこう!という考えからでした。ばーまんさんにも参考になったと言っていただけて私も嬉しいです(´∀`)

今日もA先生に海外の高齢出産の方のこと聞きました。また記事にしますね^^

2009年02月10日 20:37 しっぽな URL 編集

シュリナさんへ
ホント、これは嬉しいお話でとても励みになりました~^^
ホルモン・・・実に不思議ですよね。。。
やはりストレスは大敵なようですよね。
うんうん、無理せず今出来ることをやっていくしかないんですよね。でもそれがきっと一番いいんだと思います。
そうですね。これでまた焦らないでタマチャン育成に専念出来そうです(´∀`)v
お互い頑張りましょう~♪

2009年02月10日 20:40 しっぽな URL 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/391-c5399ca8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。