スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

体外受精説明会

〔過去日記です〕

◆周期 1 日目(2005年8月中旬)

朝から思いっきりの生理痛でしたが痛み止めをクリニックでもらいすぐ飲み、夫とクリニックの体外受精説明会(2時間位)に参加しました。
始まる前に質問用紙があり、無記名でいくつか質問を書き込み受付に渡します。
体外受精の歴史から始まり、最新のデータまで院長がスライドやビデオを使って細かく説明してくれます。
かなり昔、
”試験管ベビー第一号が誕生!”
と世界的に大きなニュースになった赤ちゃんが立派な大人に成長した写真も紹介され、体外受精だからと言って特別遺伝子学的に問題があるという学科発表はないとのことでした。奇形率は通常の妊娠でも起こりうる確率となんら変わらないそうです。
最後に受付で出した質問用紙が院長に渡されひとつひとつの質問に院長が答えるというコーナーもありました。
私達夫婦もそうでしたが、体外受精自体知らないことだらけで何を質問していいかわからないご夫婦が殆どのようでした。
とても多くのご夫婦が来ていましたが、他の方たちとお話したりすることはありませんでした。私としては終了後に何か情報交換のようなことをしたかったのですが、残念ながらそういう雰囲気ではありませんでした。

この頃はドクハラの傷も多少癒え、頑張ろうという気満々でした。(^_^;)


続きはこちら→刺激ロング法開始。

2005/08/13 10:00 体外受精/1回目(刺激周期)診察~採卵~移植判定後まで。 TB(0) CM(0) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告体外受精/1回目(刺激周期)診察~採卵~移植判定後まで。 >> 体外受精説明会

Comment
Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/24-2ba7b01c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。