スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-) ▲TOP

プロフィール

プロフィールをご覧になりに来てくださってありがとうございます(*^_^*)
それでは自己紹介です。

しっぽな・・・47歳。
夫(みーさん)・・・36歳。

結婚7年目となりました~♪

◆動物やガーデニング、物づくりが大好き。
◆お料理も結構好きな赤ちゃん待ちの主婦です。
◆在宅で仕事もしながら不妊治療とヨーガをガンバッテマス^^ 

◆20代の頃より子宮内膜症治療(ホルモン療法)を経て、最終的には卵巣嚢腫摘出術を受ける。
・右卵巣全摘出
・左卵巣一部摘出

◆卵巣嚢腫摘出術による癒着のため半年後、腸閉塞になり腸閉塞解除術を受ける。その際、盲腸も切ってもらう。ラッキー?(笑)

◆現在、子宮腺筋症も子宮後壁部分に直径4.9cm程のがあり、移植時には偽閉経療法で小さくしてからとの医師から勧められている。

【過去の他院での主な治療経過】
■初めてのIVFでは年齢(当時40歳)のことでドクハラ三昧。ロング刺激法では毎回300~450単位と乱暴な誘発をされたがあまり反応せず、卵胞3個出来るも採卵数1個。フレッシュで戻すも陰性。
■転院/クロミッド周期で卵胞3個→点鼻薬で切り替え→採卵数ゼロ。これが2周期。
■今のクリニックに転院。

【現在のクリニックでの主な治療経過及び検査】
●1年半かけ合計8個の受精卵ちゃんを前核期胚で凍結。
●’07年 7月2日、3個融解そのうち3日目の2個(桑実胚/6分割)移植。→7月17日判定・・・×。
●’07年 8月7日、5個融解そのうち3日目の2個(8分割、6分割)移植。(残り3個の胚は6日目の培養で分割停止)。→8月20日判定・・・×。
●’07年 8月 タマゴちゃんは全ていなくなってしまったので、また一から採卵スタート!更に潜在性高プロラクチン血症と判明!
●’07年 9月5日に採卵したタマゴを培養→桑実胚止まりのため移植キャンセル。

※刺激周期は身体に合わないので、完全自然周期でコツコツと卵育て中!

●’08年 1月、卵管鏡下卵管形成術(FT)受ける。少しだけ自然妊娠への希望が持てる。(ゴールデン期間は半年~1年間)
●’08年 2月、異常授精(3PN)。
●’08年 3月、半年振りに受精卵が出来、前核期胚の受精卵ちゃんひとつを凍結中。 
●’08年 4月、カウフマン療法。(FSHの数値が高くなったため卵巣お休みさせる)
●’08年 4月、カウフマン療法をしたにもかかわらず、D3で17mmのタマゴ出現。採卵&受精成功♪
●’08年 6月現在、前核期胚での凍結胚が3個、クリニックにて眠っています。
●’08年 7月現在、カウフマン療法のため治療卵巣お休み中。(プレマリン10日間、ノアルテンD10日間)
●’08年 8月、完全自然周期で2年ぶりに2個のタマゴちゃんの採卵に成功♪というわけで、現在5個の前核期胚が凍結され睡眠中~♪
●’08年 9月、採卵するも受精せず。1週間後交通事故に遭う! 頚椎ヘルニアになり現在もリハビリ治療通院中。あまりに悪質な事故だったため裁判に。判決・・・加害者→有罪(懲役1年4ヶ月、執行猶予5年)
●’08年 10月、変性卵。その後の周期もD3でのFSH=30超えていたためスケジュールキャンセル→カウフマン療法。
●’08年 12月、採卵ひとつ。夫の数値が良く、本当に久々に一般体外が出来た♪と喜んだのも束の間、受精せず;;  
●’09年 2月、胚盤胞までの培養に挑戦するも胚盤胞になりかけでストップのため破棄;;
●’09年 2月、子宮頸ガン・体ガン検査→異常なし
●’09年 3月、不育症検査結果
●’09年 4月、人生初、夢の胚盤胞(6日目、拡張胚盤胞)の凍結に成功♪
●’09年 6月、一番信頼していたA先生の転勤が決まり大ショック!心身タマゴ共にズタボロになるが個人で凍結胚輸送をし、A先生の所へ転院する。レーザー治療開始。
●’09年 6月、転院後初の採卵もまた胚盤胞までの培養に挑戦→桑実胚止まりで破棄;;
●’09年 7月、スケジュールキャンセル→カウフマン療法。
●’09年 8月、スケジュールキャンセル。
●’09年 9月、採卵するも受精せず。
●’09年 10月、スケジュールキャンセル。抗ミュラー管ホルモン検査受ける→2.1(なんともビミョウな数値だが1以下ではないということで引き続き採卵していくことに。)
●’09年 11月、スケジュールキャンセル。高温期の黄体補充のために通常は移植時に使う膣座薬が処方される。
●’09年 12月、スケジュールキャンセル。カウフマン療法。
●’10年 1月、異常授精(3PN)。
●’10年 2月、スケジュールキャンセル。カウフマン療法。
●’10年 3月、初めてのテイゾー(排卵誘発剤)150単位注射してホルモン値(E2)上昇♪ しかし採卵するも受精せず。
●’10年 4月、受精しなかったり、胚盤胞にならなかったりする患者向けのサプリメント、メラトニンを服用開始。 卵胞は3月と同じテイゾーで誘発するが、なぜかこの時はホルモン値(E2)の延びが悪い。スケジュールキャンセル。
●’10年 5月、子宮腺筋症のことが気になり、主治医に相談。MRI画像を撮る。→院長にも相談し奈良の病院を紹介してもらう。
●’10年 5月、誘発無しでまさかの2個採卵成功!しかもこれまたまさかの一般体外受精♪(実に約4年ぶり!)→前核期胚で凍結
●’10年 5月、奈良の病院を受診。手術しなければ質の良いタマゴを戻しても流産するだろうと言われる。手術を決意し手術の予約する。
●’10年 6月、以前経験した腸閉塞のような腹痛。近医へ行きCT撮るが浣腸でなんとか治まる。この原因も子宮と腸が癒着しているからかもしれないとのこと。
●’10年 6月、テイゾーにて排卵誘発注射2回→採卵成功(1コ)→受精→前核期胚で凍結。
●’10年 7月、スケジュールキャンセル。カウフマン療法。この時からノアルテンD(製造停止)に代わり、ソフィアAが処方される。
●’10年 7月、奈良の病院にて採血、心電図等の術前検査受診。
●’10年 8月、奈良の病院にて麻酔医受診、担当医との問診。
●’10年 8月、D3のホルモン値悪くスケジュール立たず。
●’10年 8月、奈良の病院にて子宮腺筋症核出術受ける
●’10年 9月、生理量殆ど無く、ホルモン値悪くスケジュール立たず。→20日間のカウフマン療法。
●’10年 10月、D12でE2が殆ど上がらずLHのみ上昇。採卵スケジュールキャンセル。→20日間のカウフマン療法。
●’10年 11月末、甲状腺専門病院にて甲状腺ホルモン値の検査を受ける。
詳しくはこちらをどうぞ→甲状腺機能低下症と流産の関係。
●’10年 12月、新しい方法にて排卵誘発するもスケジュールキャンセル。
●’11年 1月、閉経に向かっていることを悟り、採卵は終了。移植に向けて子宮鏡検査。異常なし。
●’11年 1月、リンパ球混合培養検査(MLC)の結果は9%。夫のリンパ球を移植する治療をする。(2週間に1回ずつ合計4回→3月5日で終了。)
●’11年 2月、てっきりもう採卵は出来ないと思っていた矢先ヒョッコリと元気な姿でタマゴが出現。無事採れて現在凍結中。
●’11年 3月、リンパ球移植も無事終了した10日後辺り、子宮の痛みを感じ帯下検査したところ腸球菌が少量膣から見つかり、除菌する。
●’11年 3月末、移植に有効と言われている子宮鏡検査を再度実施。
●’11年 4月、帯下検査などで移植までの期間がポッコリ空き、その間タマゴが出現し採卵。受精したもののグレードが悪すぎて凍結出来ずという結果に。
●’11年 4月中旬、なぜか再び子宮痛。帯下検査→異常なし。
●’11年 4月23日の生理1日目から凍結胚移植のためのホルモン補充周期開始
●’11年 5月、周期14日目の内膜チェックにて卵管水腫が見つかる
●’11年 6月、卵管水腫再発を防ぐため思い切って卵管切除術を受ける。結果、両卵管失う。
●義母が来たりと移植がどうなるかハラハラもしたが7月、無事に移植完了。(11個の受精卵を3回に分けて移植するその第一弾。)→結果=陽性。とはいえ、HCGが低すぎて念のため1週間後再判定→×

※4年間かけて、胚盤胞を含む11個のタマゴちゃん達が出て来てくれてクリニックで大人しく眠っています。
 ↑
こちらは先日3個の凍結胚を融解したので現在は8個のタマちゃん達が眠っています。

●’11年 8月、ホルモン補充をしたものの、卵胞が出来てしまい移植キャンセル、急遽採卵になる。ひとつ採れたものの、受精せず。
●’11年 9月、3日目胚を3個移植。現在姫生活中♪

現在、5個の凍結卵がクリニックで次の出番を待機してくれてます。


★ たまにブログ内に出てくる「ヨロコビ系」についてのご説明 ★
私の場合、タマチャンが育ってくると左卵巣にピキッという痛みが走ります。 これは過去の2回の回復手術でお腹の中が癒着していてタマチャンに動きがあると卵巣が少し引っ張られて、癒着している周りの臓器も引っ張られるからだと思われます。でもこれは私にとっては嬉しい痛みであり、タマチャンの成長具合のいい目安になっているのです♪ そんな意味もあって「ヨロコビ系」と名づけました^^v



【現在(移植中も)服用中の お薬サプリメント漢方その他】
・カバサール  〔潜在性高プロラクチン血症〕のため
・チラーヂン  〔甲状腺刺激ホルモン(TSH)〕を下げるため


DHEA ←(1度、D3のP4が高くなるとの疑いがり、ドクターストップとなったのですが、再々検査で数値が激減したため、服用復活しました。)→良質な卵子獲得のためだったので採卵をしなくなった今服用停止となりました。→しかし、リンパ球移植のためにまだ移植まで日数があるので採卵再開。現在高温期のみに1日2錠服用。←移植のためのホルモン補充周期中から服用停止。
・葉酸 〔いつ妊娠してもいいように!〕
・メラトニン ←(高齢になってくると減少するもののひとつ。タマゴが受精しない、胚盤胞にならない等の悩みのある患者さんに有効と言われているサプリメント)
・L-アルギニン ←(内膜が厚くなるらしいと言われているサプリメント)←移植前日で服用ストップ。



・漢方薬・・・効果がイマイチなのと経済的理由から現在服用はしてません。
・鍼灸・・・’11年 1月 遠隔鍼再開。お灸(八りょう穴)も自宅で夫に毎日してもらってます。 


・天然プロゲステロンクリーム(高温期に身体に塗布)※これはお世話になっているクリニックの先生にも相談したところOKが出たものです。
※カテゴリー欄にも実験効果が書いてありますが、私の場合、採卵後毎回飲んでいたピル=≪ノアルテンD≫の代用が出来ることが判明♪
←現在使用停止。 

と喜んでいたけど、いよいよ自前の黄体ホルモンが少なくなる。よって、クリームだけでは補充が足りないとの主治医の判断で高温期には
・天然プロゲステロンクリーム+エストラーナ(貼り薬)+ウトロゲエスタン(膣座薬)
の三つ巴で調整してます。
←現在使用停止。



◆私の病歴や治療歴である過去日記(まだ途中ですが時々アップ中)も読んでくださったら嬉しいです。
◆お気軽にコメント残していってくださいね~。ブログを持ってらっしゃる方は是非ともURLも忘れずにj残して行ってくださいね。私もお邪魔いたしますよ~。ヨロシクです~。(^ー^*)ノ
◆過去記事へのコメントも大歓迎です♪ちゃんとお返事いたします!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ         
↑ランキング参加中。皆さんの応援ポチッが励みになります^^


携帯から応援してくださる方はコチラからお願い致します。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 不妊(高齢赤ちゃん待ち)



※ こちらの記事は治療に伴って随時更新しています。
〔2011.9月 更新〕



2007/04/11 18:15 ごあいさつ♪ TB(0) CM(12) ▲TOP

          
Google
 

TOP >> スポンサー広告ごあいさつ♪ >> プロフィール

Comment
こんにちは。
FTを受けるので、いろいろ調べていたら
しっぽなさんのページに辿り着きました。
いろいろ詳しく記載して頂いているお陰で、
随分と勉強になりました^^。
ありがとうございました!

明日、FTを受けます。
私も卵管が片方しかないと言われているので
それが明日、明らかになろうとしています。
不妊治療は長く険しく、時には挫折しそうになりますが
いつか必ずかわいい赤ちゃんが抱けることを信じて
がんばりましょうね!!
陰ながら応援しています♪

2008年04月14日 22:33 yotsuva URL 編集

yotsuvaさんへ
yotsuvaさん、初めまして^^
明日FT受けられるのですね!
今きっと不安でしょう・・・><;
そんな中、こうしてコメント&応援してくださってありがとうございます。
FT手術は、局所麻酔すれば痛みはないと思いますので、リラックスして臨んでくださいね。
無事手術が終わることを祈っています。。。☆
きっと赤ちゃんは見ていてくれるはずです!
頑張ってきてくださいねp(^u^)q

2008年04月14日 23:49 しっぽな URL 編集

お返事ありがとうございます!

結局FTはできず..
というのも、左卵管なしと思ってたのが
じつは右がなく 入り口が見つからなかったんです。
その上、左の丁度入り口辺りにポリープが出来ていて
内視鏡でそれを取る処置で終わりました。
ポリープはキノコ型でかわいいっちゃ
かわいかったですが^^;

その後、出血が多くて
結局そこに入り口があるのかどうかは 判明せず..
術後の説明で、左卵管を通すために
FTを再度試みるよりかは
体外をした方が良いでしょうとのことでした。
通っても、ポリープ摘出後は癒着もしやすいし、
高いお金払ってFTを行なうよりかは
体外の方が確実だと。

旦那もその方向で進めてくださいと言ってました。
26日に一緒に説明会へ行く予定です。

気持ちはすっきりしています。
ようやくいろいろなことが解明されて
いままで十分長かったし(約3年)、
丁度次の生理で始めたら ボーナスで払えますし^^。

でも、毎回できる余裕はないので、
そこは心配なんですけど。 。

とにかく今は良質な卵ちゃんが取れるように
いままでやってきた漢方を続けながら
祈るばかりです。

また次は体外の勉強をさせてもらいに
ちょくちょく覗かせてもらいに来ます~!
今後共、よろしくお願いします。

お互いがんばりましょうね!

2008年04月15日 21:17 yotsuva URL 編集

yotsuvaさんへ
yotsuvaさん、また来てくださってありがとう!
そうでしたか・・・ポリープが出来ていたんですね。でもFTをしようとしなければ見つけられなかった場所なんですよね。無事取ることが出来てよかったと思います。
私もね、既にIVFまで進んでるのに、FTをするっていうのはステップダウンかなとも思ったんです。でもルナバースデイのことを調べていて、自然妊娠も視野に入れた方がいいのならFTをやってみようかなって思ったんですよね。夫もルナのことは信じてるので是非やってみようと言ってくれて。。。
でも、yotsuvaさんご夫婦がIVFへ進まれるのなら、先生の仰るとおりその方が確実なのだと思います。
yotsuvaさんも長いこと苦しまれたのでしょうね;; でも今はお気持ちがすっきりしているとのこと、それが一番です!
これからは旦那様とクリニックの先生と3人4脚で頑張ってくださいね。そして私にも応援させてくださいね。v-410v-321
私の過去日記がyotsuvaさんのご参考になれば、こんな嬉しいことはありません。
また何かわからないことなどあったらいつでも聞いてくださいね。
妊娠は奇跡だと思っています。奇跡は誰の元にも起こる可能性があります!
きっと赤ちゃんは来てくれると信じて、これからも一緒に頑張って行きましょうね^^

2008年04月17日 14:24 しっぽな URL 編集

こんにちは♪

はじめてコメントさせていただいてます★.・+゚*.★
しっぽなさんのブログですごく勉強になりましたv-22
ありがとうございます(●>∀<●)

私は先天性脳下垂体機能不全と前医で診断され
カウフマン治療を8年間。
結婚を機に挙児希望で、職場である大学病院に転院しました。
下垂体性ということで
2度HMGでチャレンジしましたが卵胞が6個以上でキャンセルとなりました。
その後フォリスチム+HMGで卵胞4個にてHCGでタイミングをはかったところ、残念ながらt/c不能。
だんな様頑張りきれませんでした。

きょうは排卵日。
赤ちゃんを授かることは本当にキセキだと思います。
50年前に産まれていたら治療も出来ず
泣いていたと思います(ノ_・。)

またブログに遊びに来させてください。
しっぽなさんのお腹に赤ちゃんが授かりますようにv-22


2008年12月14日 17:23 ma* URL 編集

ma*さんへ
ma*さん、こんにちは^^
初めまして^^ ようこそです。過去記事へのコメント嬉しいです。ありがとうございます!そしてお返事がこんなに遅くなってしまって申し訳ありません!このところPCを開けてなかったもので、気づきませんでした!m(__;)m
私のブログで勉強になっただなんて、恐縮してしまいます。こちらこそありがとうございます。

ma*さんはカウフマン治療をなんと8年間もされてこられたのですか。。。
大変でしたね・・・、などと言ってはいけないのでしょうけれど、時々カウフマンをすることになる私でも、少しはma*さんの気持ちに添えることが出来るでしょうか。。。

ma*さんはHMGでの反応が高いのですね。
私はHMGでもフォリスチムでも反応が低いです。
お互い悩みどころは違えども赤ちゃんを欲しいという気持ちは一緒ですよね。
私も治療をしていて妊娠がどれほど奇跡的なものかを実感しています。でもこうして健康で過ごせることもある意味奇跡ですよね。

お祈りありがとうございます!私もma*さんがお母さんになれるよう応援させてくださいね。一緒に頑張っていきましょう!

はい^^是非是非また遊びに来てくださいねヽ(*゜∀゜*)ノ

2008年12月19日 16:30 しっぽな URL 編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年03月30日 19:01 編集

ひめじぃさんへ
ひめじぃさん、初めまして^^
ご訪問&コメントありがとうございます(*^ー^*)
そんな・・、ひめじぃさん、私は全然そんなことないんですよ。泣き虫だし時々このブログでも泣き言を吐き出してみなさんに救われているんですよ。
そしてひめじぃさんがくださったコメント・・・とっても優しくて温かいコメントは本当に心に沁みて又前を向いて歩いて行こうと思わせてくれるのです。こちらこそブログを読んでくださり声を掛けてくださってありがとうございます。
更に ひめじぃさんも年上女房で再婚という共通点があるので勝手に親近感を覚えてしまいました(´∀`)
でもひめじぃさん、辛い思いをされたのですね。。私は一度も妊娠したことがなく、ひめじぃさんの心に添えるような言葉を言ってあげたいけれど上手い言葉が思いつきませんが、、でも私が感じたのは赤ちゃんはきっと ひめじぃさんがまだ赤ちゃんを妊娠出来る身体だってことを知らせてくれたんじゃないかなって思いました。そしてもしかしたらこれから来る赤ちゃんのために検査をしてって言いたかったのかもしれません。
だから赤ちゃんはきっと戻ってきてくれるのではないでしょうか。もし検査などされてたら生意気なこと言ってすみません。でもとにかく、ひめじぃさんのせいでは絶対ないです。今は優しい旦那様に思いっきり甘えてまた少しずつ元気になっていってくださいね。
こちらこそ応援とても嬉しいです。私もひめじぃさんのこと応援していますよ。あまり思いつめないでくださいね。又いつでも遊びに来てくださいね。待ってます (*'-'*)

2010年03月31日 21:17 しっぽな URL 編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年04月01日 14:17 編集

ひめじぃさんへ
ああ、ひめじぃさんがそういう気持ちになってくれてよかった(^ー^*)
そうですね、検査は不妊治療専門の病院でした方がいいと思いますよ。
ドクターによって厳しいこと言ったりする方もいるかもしれないけど、私は言い返してもいいと思ってます。それにこの先生は自分には合わない!と思ったらさっさと次を探した方がいいです。患者がガマンすることないですからね。・・なんて、ドクハラされた経験があるので、ついマイナス面を言ってしまいましたが、あまり構えず気楽な感じで行って来てくださいね。
でも最初は旦那様と一緒に行かれると心強いと思います。
いいドクターに巡り会える事祈ってますね。

>可愛い天使がきっと、しっぽなさんご夫婦に降りてきますよ。(*^_^*)

 
うう、嬉しいです;; ありがとう。。。ひめじぃさんの言葉を信じて私も進んで行きますね。
はい、いつでもいらしてくださいね。(≧∀≦)/

2010年04月01日 19:30 しっぽな URL 編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年11月11日 11:47 編集

リンさんへ
リンさん、初めまして。コメントありがとうございます。
いまの私にとってはリンさんが羨ましいだけです。もう私にはその子供を持つ喜び、育てる喜びを感じることが出来なくなってしまったからです。
リンさんが今お付き合いされてる方の思いも大事かと思います。きっとリンさんが健康でいらっしゃるなら無理はしないで欲しいと願っているのではと勝手ながら想像してしまいました。
AMH値は私の場合最初2.1だったものが2回目に測ったら1以下となりました。それでもタマゴは出来ていましたし、今回そのタマゴを移植も出来ました。結果はダメでしたが。。。
でもリンさんのご年齢でその数値は良いのではないかと感じました。私はドクターではないので以上は言う資格もないしわかりません。ただ、後悔のないように生きて欲しいと願うだけです。今は全然余裕がなく、、、こんなことしか言えなくて申し訳ありません。
 

2011年11月17日 16:30 しっぽな URL 編集

Post a Comment













管理者にだけ公開する

Trackback

Trackback URL
http://sipponayo.blog100.fc2.com/tb.php/220-6a042f5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。