ルミンA(細胞賦活剤)について。

子宮内膜症に良いと言われて飲んでいた ≪ルミンA≫。このお薬に関しては過去日記にも書いたことなのですが、訂正の意味も含めて新たに書いておこうと思います。過去日記には一部訂正及びその後の経過ということで、こちらの記事をリンクさせるようにしました。私は数年前に【子宮内膜症】による卵巣嚢腫の摘出手術をした後、ある漢方薬局の方の勧めで、細胞賦活剤の≪ルミンA≫というお薬を飲んでいました。その一ヵ月後、CA12...

続きを読む

2008/02/26 21:42 子宮内膜症 TB(0) CM(6) ▲TOP

子宮内膜症とは・・・

子宮内膜とは受精卵が着床(潜り込み)しやすくする為のいわばお布団のようなものです。薄いお布団とフカフカのお布団だったらフカフカのお布団の方が遥かに潜り込みやすく居心地がいいですよね。着床すると更にフカフカになって受精卵を守ります。逆に着床しない(妊娠しない)と必要ないものとして子宮から剥がれ落ちます。これがいわゆる生理です。この本来なら子宮の中だけにあるはずの内膜が子宮以外にできる症状を子宮内膜症...

続きを読む

2007/04/12 10:36 子宮内膜症 TB(0) CM(2) ▲TOP

子宮内膜症手術結果

〔過去日記です。〕・主治医の当初の予想通り、右卵巣はチョコレート嚢腫がひどく廻りの臓器とも癒着してたそうです。左卵巣も予定通り、一部分のみの嚢腫が取り除かるだけで済みました。それから今まで診断されたことがなかったのですが子宮筋腫もあったそうです。私の場合、子宮表面に出来ていたらしく有茎漿膜下筋腫(ゆうけいしょうまくかきんしゅ) と呼ばれているものでした。全部で4個(大きいもので直径3~4cm)あっ...

続きを読む

2002/10/18 14:04 子宮内膜症 TB(0) CM(0) ▲TOP

38歳。(卵巣嚢腫右全摘出手術+左卵巣一部摘出術)

〔過去日記です。〕・開腹により卵巣嚢腫右全摘出術+左卵巣一部摘出術を受ける。入院期間3週間。入院前夜には泣きました。今更ビキニなど着るわけでもなく腹はくくっていましたが、自分の身体に傷がつくのか、と思うと無性に悲しくなったのですね。。。手術2日前に入院し備えました。手術前日、主治医の他お手伝いをしてくださる先生が病室にやって来て 「明日は宜しくね^^」 と挨拶にいらっしゃいました。うわぁ♪なんて優...

続きを読む

2002/10/17 12:00 子宮内膜症 TB(0) CM(0) ▲TOP

38歳。(卵巣嚢腫摘出手術にあたってセカンドオピニオン・サードオピニオンへ)

〔過去日記です。〕一ヵ月後。CA125値= コントロール不能。再度手術を勧められました。右卵巣はチョコレート嚢腫だろうとのこと。そして左卵巣も一部チョコレート化してるのではとのことで一部取り除くことになるだろうとの診断でした。その頃、歌手の宇多田ヒカルさんも同じ病気になりました。彼女の場合は腹腔鏡手術とのことでした。腹腔鏡のことも主治医に聞いてみましたが私の場合は癒着がかなりあるだろうから適応しな...

続きを読む

2002/10/01 16:40 子宮内膜症 TB(1) CM(0) ▲TOP

37歳。(子宮内膜症を定期的に治療)

〔過去日記です。〕 CA125値=260 IU/ml (かなり高くなってしまいました)皮下へのホルモン注射投与の登場です。点鼻と同様の偽閉経療法です。この頃から婦人科疾患、特に子宮内膜症に関しては日進月歩で画期的な対処療法が出てきました。こちらも脳の下垂体(卵巣に女性ホルモンを分泌させる器官)に働きかけ、女性ホルモンの分泌を押さえ生理を止めます。 ・リュープリン1.8mg皮下注射1.8mg 1回/月&tim...

続きを読む

2001/08/01 16:29 子宮内膜症 TB(0) CM(0) ▲TOP

30歳頃。(子宮内膜症発覚後)

〔過去日記です。〕・病名が発覚したものの毎月の生理時は痛み止めなどで様子を見ていましたが幾度となく救急車で運ばれることがあり、婦人科を受診。・ CA125値(※1)の正常基準値 を超えていたため治療が必要とのことで≪ボンゾール(合成女性ホルモン=女性ホルモンの分泌を抑える働きがある)400mg≫を半年間服用しました。 ※1 CA125とは・・・本来は腫瘍マーカー、特に卵巣癌において比較的特異的に高値を示す...

続きを読む

1993/04/12 16:12 子宮内膜症 TB(0) CM(0) ▲TOP

25歳頃。(子宮内膜症発覚)

〔過去日記です。〕ある晩、仕事帰りに道端に倒れこむ程酷い生理痛に襲われ救急車で救急病院へ搬送されました。当直の先生は内科の先生でしたがベテランの先生で私の痛み方からすぐに婦人科疾患を疑われました。今でもそうですが、膀胱の裏側(背中側)にある子宮の影像を見るための「エコー(超音波)」という機械は膀胱に尿が溜まってないと見えないのです。そこで強制的に膀胱に水(生理食塩水でしょうか)をパンパンに入れられ...

続きを読む

1988/04/12 10:26 子宮内膜症 TB(0) CM(0) ▲TOP

23歳頃~。(原因不明の生理通(激痛)に毎月苦しむ)

〔こちらも過去日記です。〕生理の量が自分でも明らかに判るほど異常になり始めました。そして月日を重ねるほど生理痛と出血量は重くなっていきました。この頃の私は市販のものでも病院で出されたものでも痛み止めに対して過度の抵抗があり、飲まない方が身体にいいのだという勝手な思い込みで、なるべくそういった痛み止めを飲むことを我慢していました。 今ではなんてバカなと思いますが。。。無知って怖いです。仕事先では仕方...

続きを読む

1986/10/01 00:00 子宮内膜症 TB(0) CM(0) ▲TOP

☆10代の頃。【子宮内膜症を婦人科医でさえ知らなかった】

〔過去をかなり遡りますが^^;私の病歴の記録です。〕思春期の頃からホルモンバランスは悪いようでした。高校を卒業した頃から生理痛がひどくなりいろんな病院をさんざん廻りました。いつの頃からか、我慢出来ないほどではないけれど右下腹部に吊るような痛みが出てきました。しかしどこの病院を受診しても ”まだ若いから気にする必要は無いでしょう”、”ホルモンのバランスのせいですね” などと言われ続けました。原因がわからな...

続きを読む

1981/04/11 18:40 子宮内膜症 TB(0) CM(0) ▲TOP

          

TOP >> 子宮内膜症

Google
 
         

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。